体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【編集長日記】さすがに電車の中でエッチはないだろう

caserta

けっこう非常識な人間で周囲に迷惑をかけることが多い私ですが、そんな私が「ちょっと非常識じゃないか」とビックリしたことがありました。イタリア取材でナポリに出張していたのですが(この記事もイタリア・マテーラから書いているのですが)、ナポリからカセルタという町まで走る列車のローカル線に乗っていたときのことです(日本の関東で言うところの東北本線みたいなものですね)。4~5両編成で短い列車なのですが、その最後部車両に乗ったんですよ。そのときに事件が発生しました。

そこそこ乗客がいたのですが、最後部車両に乗っていたのはカップルと私と男性のひとり客のみ。なんで最後部に人が乗らないのだろうと思っていたら、カップルがチュパチュパと接吻(せっぷん)音を出しつつ、イチャイチャし始めたんですね。まあ、100歩譲ってそういうカップルは日本にもいるので見て見ぬふりをしていのですが、チュッチュだけじゃなくてそれ以上のことヤリはじめたんですよ。

さすがにヤバイと思ったのか、同じ車両に乗っていた男性客が違う車両に移動したんです。私もヤバイ雰囲気には気がついていましたが、その車両から逃げるのがなんか “負け” のような気がしてiPhoneをいじってカップルを見ないようにしていたんです。iPhoneで特にやることなんてないので、何かやっている感を出すためにアラームをいじってました。ここから先の事は少しだけコミュニケーションサイトの『Twitter』にも書いたのでご存知の方もいるかもしれませんが、とりあえず一部始終をお伝えしますね。

けっこうカップルがチュッチュやり始め、キス以上のことをやりはじめたので「もしするとそれ以上のこともヤリはじめるのでは!?」と不安に思っていたのですが、さすがに情熱の国のイタリア人でも恥ずかしいと思ったのか、他の乗客の目(私の目)が気になったようです。チュッチュが停止したので安心していたところ、私の近くにカップルの男性がやってきて「チャクラー!! チャクラー!! ハイパワァアアアアアアアアアア!!」と、叫びだしたんですよ。ゼスチャーもなかなか大げさでした。

そのときはあっけにとられましたが、反応すると “負け” のような気がしてiPhoneばかりを見て、男性に気がついてないフリをしたんですよ。小心者ですみません。どうやらその男性、それ以上のエッチをしたいものの、私がその車両にいるのでそこまでできないので、私を車両から追い出そうとしたようなのです。「チャクラー!! チャクラー!! ハイパワァアアアアアアアアアア!!」は2回ほど繰り返されたのですが、次の駅に到着して10代の少年少女(ヤンキー系)が入ってきたおかげで、カップルの男性はそれ以上のエッチをあきらめたようで、おとなしくなりました。

イタリアは情熱の国だし、そこらじゅうでキスをしているカップルを見かけるのは日常茶飯事なのですが、さすがに電車の中でエッチな(しかも濃厚な)ことをするのはナシな気がしました。列車の中で赤ちゃんできちゃいますよ……。それも文化として受け入れるべきなのか、イタリアでも非常識な行為なのか、よくわかりません。少なくとも独り身の一人旅には厳しい行為なのであまりやらないでほしいですね。クソーッ! うらやま……いや、けしからん! それにしても、日本人(アジア人?)に対して「チャクラ」って言えば反応するってどこで覚えたんでしょうね……。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会