ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【写真】ニセリーナさん新宿に降臨! 酷暑にも関わらず記念撮影する人がたくさん!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

横からニセリーナさん眠眠打破イベントも大詰め! 芹那さんのクローン的等身大フィギュア『ニセリーナ』さんが、9月1日、新宿東口・新宿ステーションスクエアに登場。IMG_0697_fIMG_0620_f
予定されているイベントとしては、今回でまずは一区切りとなる。

これ以降で、ニセリーナさんと会うには、『ホンキで頑張るあなたのもとへ“ニセリーナ”が行く!?』という企画にチャレンジしてみてほしい(9月30日まで)。

ホンキで頑張るあなたのもとへ“ニセリーナ”が行く!?
http://www.socialmediawave.jp/minmin/niserina/ [リンク]

この日の新宿は久々の酷暑! 湿度はそこまでではないと感じるものの鋭い日差しがハンパない
イベントブースIMG_0648_f
しかし!こんなことで動じるニセリーナさんではありません。
ステーションスクエアに広がる黄色いイベントスペースで直立するニセリーナさん、午後の紫外線をものともせず笑みを浮かべておられました。IMG_0613_f

IMG_0759_fIMG_0611_f

その真摯な姿に胸を打たれた記者、今回も最敬礼にてご挨拶をさせていただきました。最敬礼

この日、溶けるような日差しの中にも関わらず、ニセリーナさんとの記念撮影に多くの人たちがおしよせた。IMG_0604_f

IMG_0666_f

IMG_0715_f

「え、ホンモノの芹菜もこの大きさ?」「顔、小さくね?」「細っそ!」

口々にみな、ニセリーナさんとの撮影を楽しみ、『眠眠打破』『強強打破』のプレゼントを受け取っていた。IMG_0661_f

IMG_0707_f

一方、『芹那の声マネコンテスト』にも多くの応募者が現れた。
記念撮影からの参加が大部分であったが、中には『声マネコンテスト』狙い撃ちでの参加者もみられた。さすが新宿。声マネ

声マネ

声マネ

声マネ

声マネ

声マネ

声マネ

公式サイトで行われている『ホンモノ芹那ボイスを当てようキャンペーン』では、各イベント上位入賞者の声とホンモノ芹那さんの声の聞き分けをすることが出来る。ホンモノを当てた方の中から、抽選でプレゼントも用意されている。各イベントごとで難易度も変わってくるかもしれない。

ホンモノ芹那ボイスを当てよう!
http://www.socialmediawave.jp/minmin/serina_cp/ [リンク]

声マネコンテストでは、その場で当たる図書カードを多くの参加者がゲットしていた。景品ゲット

IMG_0735_f

IMG_0746_f

IMG_0774_f

また、イベント後半では、無料でその場にいた人たちに『眠眠打破』『強強打破』が配られるサービスも行われ、イベントブースにはあっという間に人だかりができた。たくさんの人

以上、ニセリーナさん、そして時にはサプライズでホンモノ芹那さんが登場した『眠眠打破』イベントレポートシリーズでした。

今後も機会があれば、すぐさまニセリーナさんや芹那さんを追っかけていきたいと考えているぞ。

(芹那さんの声マネで)「ミンミンダハー!」

『眠眠打破』ブランドサイト
http://minmin.tv/ [リンク]

IMG_0755_f

IMG_0766_f

IMG_0769_f

IMG_0771_f

IMG_0778_f

IMG_0637_f

IMG_0641_f

IMG_0642_f

IMG_0649_f

IMG_0651_f

IMG_0663_f

IMG_0673_f

IMG_0693_f

IMG_0694_f

IMG_0709_f

IMG_0717_f

IMG_0722_f

IMG_0728_f

IMG_0741_f

IMG_0744_f

IMG_0614_f

IMG_0622_f

IMG_0607_f

IMG_0608_f

IMG_0631_f

IMG_0699_f

『眠眠打破』ブランドサイト
http://minmin.tv/ [リンク]

wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。