ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、WebRTCをサポートしたAndroid版「Chrome 29」安定版をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは8月22日、Android向けChromeブラウザの新バージョン「Chrome v29」の安定版(29.0.1547.59)をリリースしたと発表しました。Chrome v29で、W3Cが標準化を進めている「WebRTC」に対応しました。WebRTCは、ブラウザ上でボイスチャットやビデオチャットなどのリアルタイムコミュニケーションを実現するためのフレームワークで、WEBブラウザから端末のカメラに直接アクセスすることなどができるようになります。v29ではWebRTCのほか、WEBアプリでオーディオを処理して合成できるWebAudio APIのサポート、WEBページの上下端に行き着いたことを視覚的に知らせるグローエフェクトの追加、WEBフォームのカラーピッカーの刷新、ページの読み込み速度の向上、安定性とパフォーマンスの向上を目的とした修正も施されています。「Chrome」(Google Playストア)Source : Chrome Reeleases Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
中国 OPPOの新型スマートフォン「OPPO N1」は背面タッチ機能を搭載
HP、10インチタブレット? 「HP Omni 10」を開発中
新型Nexus 7にAndroid 4.3(JSS15Q)へのアップデートの提供が開始、マルチタッチ時の不具合に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP