ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分探しの学生が言う「人生観が変わった」が胡散臭い理由

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はやたすんさんのブログ『やたすんのお話』からご寄稿いただきました。

自分探しの学生が言う「人生観が変わった」が胡散臭い理由

旅行をしていると「旅をして人生観が変わった」という学生によく出会う。そんな彼らの話には共通して、発展途上国が登場する。テンプレと言っては表現が悪いが、彼らはそこで貧しい暮らしをする人々を目の当たりにして、人生観が変わったと言うケースがほとんどである。

で、さらに本人たちには申し訳ないのだが、どうしてもその言葉が胡散臭く聞こえてしまう。人生観が変わったとはなんとも仰々しい言葉である。これまでに形成された人生観とはすなわち、自我やアイデンティティを意味する。だからもし本当に人生観が変わったのならば、これまでと同じ生活など出来ないだろう。

そもそも「あなたの人生観とは何ですか」と問われて、まともに答えられる人がそういるとは思えない。ましてや二十歳そこそこの学生ならなおさらだ。彼らは「人生観が変わった」というが、そもそも変わる前の人生観すら持ち合わせていない。ゆえに彼らの言葉に説得力が出てこないのだ。

もともと人生観など無いのだから、人生観が変わったという表現は適切ではない。正確にいえば「初めて人生観を意識した」ではなかろうか。そう言ってもらえばコッチも納得できる。今日は書かないが、僕も発展途上国を見てきて思うことは多々あった。

「ウチ」の外を初めて見た時、その光景に誰もが驚く。そうやって比べる対象を知ることで、初めて「ウチ」の世界を認識出来るようになる。

彼らの「人生観が変わった」を統合すると「貧しく暮らす人達を知って、自分の豊かさに気が付いた」になる。そう。ただ気が付いただけだ。別に人生観など変わっていない。せいぜいボランティアに足を突っ込むくらいで、今日も彼らは美味しいご飯を食べて、ふかふかの布団で眠る。

といっても人生観が変わらない人に何か問題があるとか、そんなこと僕は全然思わない。なぜならそれが普通の反応だから。誰にも出来ないからこそ、マザーテレサは偉人なのだ。

ただ、みんながそう簡単に人生観が変わった気になるのはどうかと思う。それは「知っている」と「理解している」を混同するのに似ているように思える。加えてその態度は本当に人生観が変わって、問題解決に尽力する人に対して失礼だ。偉人ごっこほど見るに堪えないものはない。

とはいえ今まで会ってきた人の中にも、本当に「人生観が変わった人」はいたのかもしれない。おそらくそういう人は僕には見えない、そこまで心を突き動かされる何かが見えるのだろう。僕はそんな人を本気で尊敬しています。

執筆: この記事はやたすんさんのブログ『やたすんのお話』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年08月20日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP