ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ライカ×コブクロ小渕”52台だけの特別限定モデル発表!小渕撮り下ろしの写真展も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中の写真家が愛してやまないカメラメーカー「ライカ」。カメラ好きにとっては、永遠の憧れなのではないだろうか。

そんなライカが、コブクロの小渕健太郎とコラボレーション。ライカX2の特別限定モデル「ライカX2 5296 Kentaro Kobuchi Edition」(34万9650円)を発表した。

これは、伊勢丹新宿店メンズ館がオープン10周年を迎えることを記念して発売されるもので、ボディは、チタンカラーのライカX2にダブブルーのレザーをまとい、シックな装いに仕上がっている。フラッシュカバーに入った水玉模様には“52”の文字をあしらい、デザインのアクセントに。また、トップカバーには「5296 Kentaro Kobuchi」、カメラ背面には「5296 KOBUKURO」の文字が刻まれている。

小渕の名前ちなんで限定52台限定。伊勢丹新宿店メンズ館8階イセタンメンズレジデンス/ライカコーナーで、9月11日~9月30日の期間、受注販売する。購入者には、小渕健太郎からのプレゼントとして、オリジナルプリントが収められたフォトフレームとメッセージカードが贈られる。

また、メンズ館8階レジデンス ギャラリーコーナーにて、小渕健太郎がライカX2で撮り下ろした作品を展示するミニ写真展「ライカX2 5296 Kentaro Kobuchi 作品展」も開催。

52台のみの限定販売は、ライカファンにとっても、コブクロファンにとってもレアな1点となることだろう。ライカをもっと知りたい人はHP(http://www.leica-camera.co.jp/)を見てほしい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP