ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村拓哉×柴咲コウのTBS新ドラマ〈安堂ロイド〉10月スタート! 庵野秀明も参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

SMAPの木村拓哉が、TBSで10月にスタートする新ドラマ「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」に主演することがあきらかとなった。 

毎週日曜21:00からの〈日曜劇場〉の枠で放送されるこのドラマは、何者かに殺された天才物理学者・沫嶋黎士の婚約者であるヒロイン=安堂麻陽と、黎士とそっくりの容姿で、100年先の未来から麻陽を守るために現れたアンドロイド・安堂ロイドを軸に展開する、時空を越えたラヴ・ストーリー。木村が黎士とロイドの2役に挑戦し、麻陽役には柴咲コウがキャスティングされている。これまで、「Beautiful Life」「GOOD LUCK!!」「華麗なる一族」「南極大陸」といった〈日曜劇場〉の話題作で主演してきた木村と、TBSの連ドラ出演は9年ぶりとなる柴咲の共演は、「GOOD LUCK!!」以来10年ぶりとのこと。

また、本作のコンセプト/設定協力は、「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの監督・脚本を手掛け、スタジオジブリの新作映画「風立ちぬ」の主人公・堀越二郎の声を演じたことも話題の庵野秀明と、同じ〈エヴァ〉シリーズに参加している鶴巻和哉らが担当。脚本には「SPEC」「ケイゾク」などの仕事で知られる西荻弓絵、演出には波多野貴文、木村ひさし、坪井敏雄など、錚々たる制作陣が集結するドラマとなっている。主題歌やほかのキャストに関する情報はまだアナウンスされていないので、続報に注目しておこう。

 

主演・木村拓哉 コメント

今回の作品は、僕自身としても、新しい挑戦になると思います。
現在と100年後という時空を越えた世界、その設定にもワクワクしますし、
100年先から送り込まれてきた〈ロイド〉が現代でどう生き、どう変わっていくのか、
〈安堂ロイド〉という男を現場でスタッフ・キャストと一緒にしっかり作り上げていきたいと思います。
愛は時空を越えられるのか…そんなラブストーリーの相手が柴咲さんで心強いです。
現場をおもいっきり楽しみたいですし、観ていただいた皆さんにも、楽しんで頂きたいと思います。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP