ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“傭兵”募集の謎が解明! 猛暑の渋谷に登場した『ラグナロク オデッセイ エース』特殊〇〇部隊

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
傭兵部隊

「生き残るのは、巨人か、人類か。」

ガンホーと言えば今や『パズドラ』がすっかり有名になったが、こちらはあの『ラグナロク』の名を冠した最新作『ラグナロク オデッセイ エース』のキャッチコピーだ。(8月29日に発売予定)

ステッカー

実はこの『ラグナロク オデッセイ エース』では、以前に“傭兵”募集をしていたのだが、その「募集項目が独特過ぎる」という事でも一時、話題になっていた。

この募集、勤務地は渋谷駅周辺、勤務日は2013年8月10日、勤務内容が「巨人との戦闘・奇襲広告」となっていた。日給はなんと3万円だ。

ポスター 募集ページ

エントリーシートには次のような変わったチェック項目や質問が並べられていた。

「肉や魚など、基本的な食料は自分で確保することができる。」
「気温45℃をこえる屋外にいても全然平気だった過去がある。」
「剣、短剣、棍棒、弓、魔法のいずれかを自在に操る自信がある。」

「今回の任務では数メートルを超える巨人と戦っていただきますが、あなたはどんな作戦をとりますか?」

……といった具合である。

謎だらけの「巨人たちと戦う、簡単なお仕事」の内容を確かめるべく、勤務日である8月10日に渋谷へおもむいた。

この日の東京は記録的な猛暑。各地で30度を超える暑さとなり、出歩く人全てが汗をかいているといっても過言ではなかった。

宇田川交番から更に北、仮設テントを発見。『ラグナロク オデッセイ エース』そしてガンホーのロゴがあったので間違いは無さそうだ。近くに居た関係者とおぼしき人に尋ねてみると、どうやらここが「ベースキャンプ」らしい。

マーク ロゴ

「肝心の傭兵が居ないな」と思っていると、オレンジの衣装に身を包んだ屈強な男たちが集まってきた。

ベースキャンプ

総勢8名の傭兵たちは「奇襲広告部隊」と名付けられている。彼らはなんと背中にプロジェクターを背負い、『PS Vita』で『ラグナロク オデッセイ エース』をプレイしながら、渋谷中を徘徊するのだ。

整列

バックパックの総重量はなんと30kg。その大半が電池の重さだというから驚きだ。

バックパック

進軍中は、一言も発することなく、ただ黙々と『PS Vita』の中で戦う傭兵たち。任務を忠実に遂行している。

IMG_9231_f IMG_9233_f IMG_9238_f IMG_9243_f IMG_9244_f

集中して進んでいく彼ら。したたる汗も気にする様子はない。

IMG_9273_f IMG_9249_f IMG_9251_f IMG_9254_f IMG_9264_f IMG_9265_f

プロジェクターの映像が投影可能なポイントに到着すると、視線を建物の方へ向き直し、壁に投影された『ラグナロク オデッセイ エース』をまた、黙々とプレイする。
道行く人たちも『ゲーム?』と思わず二度見するほどの不思議な光景。多くの視線を捉えて離さなかった。

IMG_9277_f IMG_9279_f IMG_9313_f IMG_9315_f IMG_9359_f IMG_9364_f

日が傾いても路面から発する熱は変わらない。しかし彼らは臆することなく、その強靭な精神力で任務を進めていた。

今回の行軍は宮下公園までを確認した。日は落ち傭兵たちが映写する画面はひときわ鮮明だ。

投影画面 IMG_9436_f

画面の中の巨人を倒すと、互いの苦労をねぎらうかのように精鋭たちは沸き立った。

IMG_9383_f IMG_9403_f IMG_9388_f

『ラグナロク オデッセイ エース』は、現在、PlayStation Storeにて体験版が配信されている。
傭兵たちが熱中したこの世界、あなたも確かめてみてはいかがか。

『ラグナロク オデッセイ エース』
http://ace.gungho.jp/

8月29日発売予定

ジャンル:超高速巨人ハンティングマルチプレイアクション

PS Vitaカード版:4,935円(税込)
ダウンロード版:3,900円(税込)

オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。