ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC One mini、台湾では8月中旬に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCが先週金曜に台湾で新型Androidスマートフォン「HTC One Mini」を発表しました。「HTC One mini」は、4.7インチフルHDの「HTC One」の外観をそのままに、筐体サイズをコンパクトにしたミッドレンジクラスの機種。台湾では8月中旬にシルバーより先に発売される予定で、ブラックは後日発売されることになっています。価格は15,900台湾ドル(約51,000円)。“Mini“モデルと言いつつも、それなりの価格はしますね。発売時期が8月中旬ということは、もうまもなく発売されることになります。「HTC One mini」は、4.3インチ1,280✗720ピクセル(HD)の液晶ディスプレイ、Snapdragon 400 1.4GHzデュアルコアプロセッサ、1GB RAM、16GB ROM、UltraPixelカメラ、フロントデュアルスピーカー、TV Senseリモコンなどを搭載。ソフトウェアはAndroid 4.2.2+Sense 5という構成で、HTC BlinkFeed、HTC Zoe、Video Highlights、Beats Audioなどの「HTC One」の機能を多く取り込んでいます。Source : 、Sogi



(juggly.cn)記事関連リンク
JRの時刻表をホーム画面で閲覧できるウィジェットアプリ「ポケット時刻表」がリリース
Chromecatエミュレーター「CheapCast(ベータ版)」がGoogle Playストアでリリース
「HTC One Max」のプレス画像が流出?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP