ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

付き合ってもいない男から婚姻届を書くよう迫られた話

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は下痢腹わた子さんのブログ『下痢腹わた子の毒吐きブログ』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/393581をごらんください。

付き合ってもいない男から婚姻届を書くよう迫られた話

数年前の話。

飲み会で知り合った仲間的な人たちの中に、金正男に似ている男がいた。

その男(以下、正男と呼ぶ)は、みんなで飲んでいるときにふと目が合ったりすると、すぐに目を反らして頬を赤らめるようなやつだった。

(もしかしてコイツ、私に気があるのか…?)

(いやでも、ただのコミュ障だろうな…)

最初のうちはそんなに気にしていなかったのだが、何回か飲み会を開催しているうちに、正男は目が合っても反らさなくなってきた。

というよりむしろ、私から視線を外すことなくこっちを見てくるようになった。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/08/22.jpg

「なんだこいつ…」と思っているうちに、正男からメールが頻繁に来るようになった。

「美味しいレストランを見つけた」

「今日は仕事で成功した」

「いつヒマ?」

何回か誘われたけど、5回ぐらい適当に理由をつけて断っていた。

別に見た目が正男だからどうのこうのってわけではない。

正男は自分の知識を語りだすと、平気で30分は話し続けるような男だった。

それ以外は黙っているような人だが、どうもこの人とは会話のキャッチボールが出来る気がしない。

小難しい話を30分続けられるとか、ドッジボールで袋叩きにされている気分になるんだぜ。

しかし、何度断っても誘ってくるので

「あー、あんまり断るのも悪いか…。」と思い、いわゆる2人で食事に行くデートを決行することにした。

基本的に無口だが、自分のことを話し出すと止まらない。

いわゆるオタクタイプに人間、それが正男。

私も口数が多いほうではないため、正男と下痢腹が2人でいても、会話は成立しなかった。

お互い無言、なんだこれ。

営業のクロージングかよ。

営業マンが最後に黙ってお客から話させるってことやるやつ、それがクロージング。

お互いクロージングかけあってるのかよ。

とりあえず正男おすすめのレストランに入った。

すると正男がメニューを広げ、勝手に料理もお酒も注文してしまった。

私にもメニュー見せろや(怒)。

数分後、小さなグラスに入ったお酒が2杯届いた。

「何これ?」

私は正男に聞いた。

「~△×□!※☆~!☆○□××△~ー!◇○□△!?××○□! ☆!☆!~☆~?☆!×○□ーーーー!※○△×□ーーー!!! ○○!□ー!×××△※ー!」

謎の説明が始まった。

とりあえず乾杯して飲んでみた。

なんだこれ、めっちゃ濃いwww

「結構強いお酒なんだね…。あ、でも美味しい(嘘)」

とりあえず間を持たせるために、正男に説明させて私は相づちを打っていた。

料理が次々に運ばれてきた。

パエリアとか、海老のやつとか、あとは忘れた。

とりあえず間を持たせないといけないので、ブリっ子が何か食べたときに震えるポーズをとりながら、

「ん~♪美味しい~~~!!!」

みたいなことをやった気がする。

すると正男は微笑んだ。そして、私をじっと見て目を離さなくなった。

「え?なに?www」

私は言った。

すると正男は

「下痢腹ちゃん、食べてる姿、可愛いよね。」

とボソボソ言ってきた。

「え…。あー、まあ美味しそうに食べるとはよく言われる(てか今はブリっ子のマネしただけだけど)」

そしてまた沈黙になった。

正男はこっちをずっと見つめてくるので、私はケータイをずっといじり倒した。

1時間ほど経過し、頼んだ料理は全て運ばれてきて、もう食べ終わるであろうという頃である。

事件は起きた。

いきなり正男がモゾモゾと動き始めた。

そしてアタッシュケースから何やら書類のようなものを取り出した。

「なにこれ?」

私は正男に聞いた。

しかし、正男が説明する前に気づいた。

これは、婚姻届だ。

「え…。」

私は困惑した。

なんだか脳みそが宙に浮く感じの衝撃を受けた。

「結婚し」

「帰る」

正男はおそらく「結婚しよう」と言ったのだが、私はかぶせ気味に帰宅宣言。

「いや!ちょっと待って!」

正男は動揺した。

私だって動揺していた。

そして反省した。

あのときに食事に行くことをOKしなければよかった。

メールの段階で、「あなたとお付き合いする気はないですよ」と断りを入れておけばよかった。

しかし、私の人生は18歳までは162cm98kgの巨漢、20歳でやっと53kgの標準体型になれたという経緯である。

当時、23歳だった私はとりあえず普通の人間になってからまだ3年。3歳でしゅ。

「どうしてパパのココにはソーセージがついてるの?」といっているような段階だから仕方ないだろ。

気があるとかないとか、そういうのがわかるはずがない。

いや、感づいていたとしても、「私なんかに惚れる男はいない」という自尊心の低さが影響したのか。

とにかく事件だった。

とりあえず私は、

「いや、正男くん。こういうのは困るってば」

と言ってみた。

「どうして困るの?」

と正男。

「いや、困るでしょ」

答えにならない答えを返す下痢腹。

「だって俺は、下痢腹ちゃんが好きなんだもん!ずっと一緒にいたいし離したくないし!誰かに取られるのなんて絶対いやだ!(ゼェゼェハァハァ)」

正男はいきなり大声を上げた。

そして質問攻撃が始まった。

「好きな人はいるの?」

「結婚願望はないの?」

「俺はどこを変えればいい?」

「一緒に住もうよ」

断りながら、はぐらかしながら、私は泣きそうだった。

そして一旦冷静になることを考えた。

当時私は営業職についていたので、こういう客が相手のときはどう対応するべきかを黙って考えた。

考えているのに、

「ほら!婚姻届、書き間違えるとだめだと思って3枚もらってきたよ!」

とうるさい正男。

とりあえず黙れよ。おまえ、私に強い酒のませて思考力低下させやがって!

何も思いつかないぞ!ったくこのやろう!

モテた試しのない私は、男のフリ方がわからない。

しかし、必死で考えていると奇跡的にいい言葉がみつかった。

そしてこう言った。

「ねえ正男くん。付き合うとか結婚とかっていうのはさ、そうやって相手を説得して決めることじゃないよね?お互いが納得して付き合うんだよね?」

どうだ、決まっただろ?

正男は黙った。

そして、涙目になってトイレにいった。

私は正男がいないスキに帰ってしまおうかと思ったけれど、店員に食い逃げだと思われたらどうしようとか、よくわからないことで不安になって、とりあえず座ったままでいた。

正男は戻ってきた。

そして、

「ごめん、帰ろう」

と、つぶやいた。

その瞬間、私はドラクエのラスボスを倒したかぐらいの達成感を得た。

勝った!勝ったぞ!やったーーーー!!!!!

店を出た後、正男は

「じゃあ俺、ちょっと用事あるから」

と言って、駅とは逆の方向へと歩いて行った。

とりあえず帰って行く姿を見送っていたら、正男は頭をかきながら「あーーー!!!」みたいな声を出していた。

周りの人は正男を「うわ!」という目で見ていた。

執筆: この記事はwatakochanさんのブログ『下痢腹わた子の毒吐きブログ』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年08月07日時点のものです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP