ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1年間無料で「無印良品の家」に住める!?暮らし体験モニター募集!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

住空間事業を展開する「無印良品」と独立行政法人都市再生機構西日本支社(以下、「UR都市機構」)が立ち上げた「MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト」。同プロジェクトではシェアルームに住んでみたいという3人1組を募集し、暮らし体験モニターとして暮らしやすさのレポートをお願いしている。何より無料で1年もの間住むことができるというから驚き!

今回は無印良品とUR都市機構が提供するシェアハウスに実際に住み、随時その暮らし心地をレポートするという仕事が任される。モニターが提供されるのは、「MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト」が関西の3つの団地にもつリノベーション住宅のうちの1つで、無印良品が提案する「感じ良いくらし」とUR都市機構が提案する「借りて住むことの豊かさ・自由度の高さ」をより多くの人に知ってもらうことを目的としている。

このプロジェクトは昨年6月から始動しており、無印良品がおこなった『ぜんぶ、無印良品で暮らそう。~2年無料で「無印良品の家(家具付き)」に住む人募集!~』キャンペーンでは、1組の夫婦が暮らし体験モニターとして選ばれた。今年1月から入居して、現在もその暮らしについてのレポートを続けているそう。

募集期間は9月30日までで、入居時期は11月頃から。新千里西町団地(大阪府豊中市)の「3つ個室のあるシェアプラン(家具付)」で1年間住むことができる親族以外の3人1組が対象となっている。詳しい情報はウェブサイト(http://www.muji.net/mt/ie/senri_share/)をチェックしよう!

ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP