ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorolaが新フラッグシップ『Moto X』を正式発表、北・南米で8月下旬より発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola Mobilityは8月1日、米国のニューヨークで開催したプレスカンファレンスでGoogleと共同開発した同社の新フラッグシップ『Moto X』を正式に発表しました。

『Moto X』の発売スケジュールは、米国、カナダ、南米で8月下旬~9月上旬にかけて発売されます。日本を含む他の国での発売予定は明らかにされていませんでした。米国では、AT&T、Sprint、Verizon、T-Mobile、U.S. Cellularでの販売が予定されています。その他、Best Buy、Motorola直販サイトでも販売されます。キャリアからは“Woven black”と“Woven white”の2色が販売されますが、Motorola直販サイトでは外装を(バックカバー、フロントパネル)をカスタマイズするサービスが提供されます。組み合わせ数は2000通り以上になるそうです。米国キャリアにおける2年契約価格は$199~です。


『Moto X』は、4.7インチ1280×720(RGB)のAMOLEDパネルとSnapdragon S4 Pro MSM8960T 1.7GHzデュアルコアプロセッサを独自に拡張した『Motorola X8 Mobile Computing System』を搭載したLTE対応のスマートフォン。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で発売されます。

先週米Verizonより発表された『Droid』新モデルのように、音声操作を常時待ち受ける機能、スリープ中に通知をディスプレー上に表示する機能、スリープ中に本体を2回反転するとカメラを起動できる機能を搭載したところが特徴となっています。筐体サイズは129.3×65.3×5.6~10.4mm、質量は130g。4.7インチ端末の中ではコンパクトな端末で、背面は独特な形状のフォルムを採用し、持ちやすさをよくしています。バッテリー容量は2200mAh(内蔵型)。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB/32GB。『Moto X』のユーザーはGoogleドライブの50GBが2年間無料で使用できます。カメラは背面に約1000万画素の“Clear Pixel”カメラ(RGBCの撮像素子)、前面に200万画素(1080p動画撮影対応)を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC、ワイヤレスディスプレー(Miracast)等に対応。

対応周波数はモデルによって異なりますが、GSM/GPRS/EDGE、UMTS/HSPA+ 42Mbps、CDMA/EVDO Rev. A(CDMAモデルのみ)、LTEに対応しています。『Moto X』ではSIMカードスロットにNano SIMが採用されています。
Source : Motorola製品ページ



(juggly.cn)記事関連リンク
IGZO&フルセグ搭載タブレット「AQUOS PAD SH-08E」が本日発売
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年7月)、Jelly Beanのシェアが40%を上回る
「Moto X」にはGoogle Play Editionも存在するらしい

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP