ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

13年前が賞味期限の蟹缶を食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

主婦歴24年ともなると色々

翌日は勤務先の飲み会、夫の為に料理を作って出かけようと収納をゴソゴソしていたら

目を疑うような賞味期限の日付が!2000年10月だって??

当時はミレニアムだの、1999年ノストラダムス大予言が回避できたの、そんな事しか思い出せない。

いや検索したら、かつて家で使っていたWindows Meが発売された頃の缶詰だった。

その後13年間、夫婦でパソコン5台目なのに食べ物は大丈夫なのだろうか?

これは食べてみなければ

普通は捨てますよね?期限過ぎ1~2年だったら迷わず食べますが

ここは実食しなければ!しかも殆ど食べるのが夫だし。

開けちゃってからの写真ですが

見た目は普通~匂いも異常なし。食べられると判断し料理開始!

一応味見はしますから、私も少量食べてます。

値下げ処分45円、ホワイトアスパラガスと炒めました。

それも買ってから数日後、冷蔵庫の在庫処分ってヤツです。

良く出せたな?と言うほど美味しそうじゃないのは、私の料理の腕と諸々のセンスが悪いからです。

そんな事とは知らず、昨日無事に殆ど夫が食べていたようです。

これらの家庭料理を私は「逆襲料理」と名付けていま~す。

誰も具合が悪くなる事もなく夫は家庭料理を食べ、私は福島市で円盤餃子を食べて来ました。

結論

賞味期限13年過ぎても、異常なく蟹缶は食べられた。

反対に、期間以内でも傷や錆など缶内に空気が入り、中が腐った経験もあるので

内部の保存状態で左右されるのだなと想像できます。

*皆さんが挑戦する際には自己判断でお願いしますね。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「安田 希代美」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP