ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ATOK for Android」がv1.6.0にアップデート、クイック設定パネルや幅寄せ時の余白を透明にする機能が追加、ATOK設定のレイアウトも一新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャストシステムのAndroid向け文字入力アプリ「ATOK for Android」がv1.6.0にアップデートされました。今回のアップデートでは、新機能の追加や不具合の解消に加えて、ATOK設定のレイアウトの整理も行われるなど、変更内容はこれまでのアップデートの中でも大規模なものとなっています。新機能としては、一部のATOK設定の項目を簡単に変更できる「クイック設定」パネルが追加され、キーボード上から、キーボードの高さ調節バー、幅寄せ時の透明化、学習、自動スペースの有効/無効を切り替えることのほか、「ATOK設定」や「単語登録」、「入力方法の選択」を利用できるようになりました。「クイック設定」パネルはキーボード上の文字タイプ切替ボタンの長タップで表示されます。クイック設定パネルのところで紹介した「幅寄せ時の透明化」は今回のアップデートにおける新機能となっています。これは、キーボードの横幅を変更すると生まれる余白部分を透明にする機能です。幅寄せはキーボードの高さ調節バーを表示し、バーの両端部分をスライドさせることで利用できます。今回のアップデートで各種オプションが並ぶ「ATOK設定」のレイアウトが一新しました。大きく変わったのは、テンキー/QWERTYキー専用の設定メニューが設けられ、前回まで「入力補助」に含まれていた項目がそれぞれに移り分離したこと、以前の「辞書・提携・Myコレクション」が「ツール」に改称され、その中に含まれていた「ATOK Sync」「ATOKキーワード」「ATOK拡張辞書」が新たに設けられた「ATOKクラウドサービス」に移り独立したことです。このほか、ATOK拡張辞書のアップデート、Chromeブラウザで発生していた不安定な動作やATOKダイレクト利用時にスペースが確定される問題の修正も行われています。「ATOK for Android」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
小型カメラ「GoPro」の公式Androidアプリがv2.0にアップデート、写真や動画の視聴や管理、Androidへのコピー、SNSとの共有に対応
「Moto X」はNano SIMを採用、SIMカードトレイの写真が流出
Aqua Z Camera : 近接センサーを覆うだけでシャッターが切れるXperia Z用カメラアプリ、水中撮影におすすめ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP