ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「ARROWS A 201F」にソフトウェアアップデートの提供を開始、撮影時にフラッシュが発行しない問題に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは7月30日、富士通製Androidスマートフォン「ARROWS A 201F」にソフトウェアアップデートの提供を開始しました。今回のアップデートはカメラ機能の改善を目的としたもので、フラッシュライトの設定を「AUTO」にして暗所で撮影を行なってもフラッシュが発光しない事象が改善されるそうです。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です。201Fの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「データ取得開始」より手動で即時アップデートを実施できます。アップデート後のビルド番号は「V35R13E」。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、スマートフォン向け「Socialife」のリニューアル版(v4.0)を提供開始
Xperia ZLに新ビルド「10.3.1.A.0.244」へのアップデートが配信中
小型カメラ「GoPro」の公式Androidアプリがv2.0にアップデート、写真や動画の視聴や管理、Androidへのコピー、SNSとの共有に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP