ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

androp新曲“Missing”が北川景子×深田恭子映画「ルームメイト」主題歌に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


androp

 

andropの新曲“Missing”が、11月9日公開の映画「ルームメイト」の主題歌に決定した。

 


(c)2013「ルームメイト」製作委員会

 

「ルームメイト」は、今邑彩の同名ベストセラー小説を原案にしたホラー作品。交通事故に遭い入院した女性と看護師が意気投合してルームシェアを始めるが、看護師の奇妙な行動をきっかけに次々と不可解な事件に巻き込まれていくというストーリーで、北川景子が前者、深田恭子が後者を演じる。監督は「オトシモノ」「Another アナザー」「今日、恋をはじめます」などの古澤健が担当。高良健吾の出演も決まっている。

その主題歌となるandropの新曲“Missing”は、バンドの活動初期に書かれたナンバー。デモを聴いた映画の製作サイドと古澤監督の耳に止まり、今回のタイアップが決まったという。映画の主人公たちの心情とも共鳴する、人間の本質をえぐり出し、それでもなお何かを掴もうとする壮絶なバラードに仕上がっている模様だ。なお、この楽曲のリリースはいまのところ未定。8月上旬に解禁となる映画の予告編にて一部が使われているとのことなので、ファンは楽しみにしておこう。

★andropの新曲“Voice”がTVドラマ「Woman」の主題歌に起用されたニュースはこちらから
★andropのニュー・シングル“Voice”とライヴDVD「“one and zero”@Tokyo International Forum Hall A 2013.03.30」についてのニュースはこちらから

 

古澤健監督 コメント

人との出会いはすべて偶然であるけれど、生きていく時間の流れの中で決定的な役割を果たしてしまう。そうやって人は過去にとり憑かれてしまう。そんなことを考えているときに、
andropの“Missing”という素敵な曲に出会いました。非情に流れる時間の中で、とりかえしのつかない出来事に巻き込まれ、その奔流の中で未来を見失いそうになる。けれどそこで踏みとどまり、祈ることでかすかな希望の光を見つけようとする。そういう想いを、歌詞と歌声に感じました。それこそ、映画「ルームメイト」の主人公たちの心に響かせたい歌です。

 

androp 内澤崇仁 コメント

この度は、僕らの楽曲“Missing”を選んで頂きとても光栄に思います。この楽曲は、普段の日常で目には見えない深遠な部分とそこにある光をテーマに制作しました。僕らの楽曲が映画や映画を見て頂いた方に彩りを加えられたら嬉しいです。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP