ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iFixitによるChromecastの分解レポートが公開、Marvell製SoC/512MB RAM/4GB ROMを搭載、通信チップはBluetooth/FMもサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google製HDMIスティック「Chromecast」の分解レポートがiFixitで公開されました。記事では、スペックシートには掲載されていない内部仕様の一部を知ることができます。分解レポートの中で判明したのは、「Chromecast」にはMarvell製のSoC、512MBのRAM、4GBのフラッシュメモリを搭載することのほか、使用されている無線チップがWi-Fiだけではなく、BluetoothとFMをサポートしていることが判明しました。「Cromecast」のスペックシートにワイヤレス機能はWi-Fi b/g/nのみと記載されていますが、システムを改変すれば、BluetoothやFMも利用できるかもしれませんね。iFixitの分解レポートでは修理のしやすさを示すスコアが機器ごとに割り当てられますが、今回の「Chromecast」については、ユーザー側で修理できる部分がないということで、スコアは割り当てられていません。 Marvell DE3005-A1 SoC AzureWave AW-NH387 802.11 b/g/n WLAN/Bluetooth/FMコンボモジュール Micron MT29F16G08MAA 16Gb (4GB) NANDフラッシュ Micron D9PXV 512 MB DDR3L SDRAMSource : iFixit



(juggly.cn)記事関連リンク
新型Nexus 7の純正アクセサリーが発売、トラベルカバー、プレミアムカバー、スクリーンプロテクターなど
インドで州首相をフィーチャーしたAndroidスマートフォン「Smart Namo」が発売へ
Rockchip、2014年にCortex-A12とMali-T624を内蔵したSoC「RK32xxシリーズ」を投入

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP