ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.3は4K解像度にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.3(Jelly Bean)が4K解像度の高解像度ディスプレイのサポートしていることが、そのソースコードより判明しました。これは、Android 4.3のソースコードのDPIカテゴリに、フルHD解像度のスマートフォンに対応した画素密度「xxhdpi」よりもさらに高い「xxxhdpi」のサポートが追加されていたからで、Androidでは、各アプリが様々な解像度のディスプレイに対応するために復数のDPIカテゴリが設けられており、Android 4.2までは以下の6種類のDPIカテゴリがあります。 LDPI(Low DPI):120dpi MDPI(Medium DPI):160dpi(HT-03A) HDPI(High DPI):240dpi(Nexus S) XHDPI(Extra High DPI):320dpi(HDスマートフォン) XXHDPI(Extrea extra High DPI):480dpi(フルHDスマートフォン)そして、GoogleはAndroid 4.3で新しいDPIカテゴリ「XXXHDPI(Extra extra extra High DPI)」を追加しました。おおよその画素密度は640dpi。GoogleのDianne Hackborn氏は、追加したDPIカテゴリの用途に主に4Kテレビ用になるとソースコードの中で言及しています。Source : Android PoliceGoogle



(juggly.cn)記事関連リンク
Rockchip、2014年にCortex-A12とMali-T624を内蔵したSoC「RK32xxシリーズ」を投入
Nexus SにAndroid 4.3が移植される、ROMも配布中
「SM-P600」は10.1インチSnapdragon 800搭載タブレット、「SM-P900」は12.2インチExynos 5 Octa搭載Galaxy Noteタブレットとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP