体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

離婚した家庭、忙しい家族がスケジュールや情報を共有するためのツール「Planiclik」

Planiclik

離婚率が50%にものぼるカナダ。モントリオール拠点のスタートアップが展開している「Planiclik」はまさにそうした事情を反映したアプリで、別居または離婚したかつての夫婦が子どもの行事や教育費などの情報をシェアできるツールだ。直接会話をしなくても、必要な情報を共有したりスケジュール管理に役立てたりすることができるというもので、忙しくて顔を合わす機会が少なかったり、コミュニケーション不足の家族にとってもお役立ちツールとなっている。

開発者によると、子どもがいながら離婚(別居)した場合、多くの人が元夫婦間でコミュニケーションの問題を抱えているという。子どもに関して連絡をとる必要があるものの直接の会話を避ける傾向にあり、中には子どもを介して連絡をとりあうケースもある。そうした状況にいる子どもが“板挟み”状態になることもあり、家族みんなのストレスを減らそうとこのアプリが開発された。

Planiclikのアカウントには登録されたメンバーがそれぞれの端末からアクセス可能で、スケジュール管理やTo do リスト、買い物リスト、出費管理の機能がある。また、それぞれの子どものプロフィールを作成でき、アレルギーの有無とその内容、服や靴のサイズ、好み、成績表などの情報を保存しておくこともできる。こうした情報共有が必要なのは何も離婚したカップルに限った話しではなく、じっくり話す時間がなかなか持てない家族の利用も想定している。

アプリは無料で、1つのアカウントを最大4人で利用できる。利用者数の制限がないPlaniclik+の利用料は月8.49ドル。

Planiclik

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会