ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LTEの通話は高い! じゃあIP電話アプリはどれがトクなの? 新作『SMARTalk』と老舗『050Plus』を比較

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

LTE昨今、LTE対応のスマートフォンを使っているという人はもはや珍しくないだろう。
ただし、携帯キャリアのLTEにおける料金プランについて気を配っている人は案外少ないかもしれない。

3Gのプランとは異なり、LTEの料金プランでは各社とも無料通話分が無くなっている

もちろん、契約時に説明を受けているはずではあるけれど「なんだか高いんだなあ。でもLTEだからなあ」と思いながら使い続けている人が多いのではないだろうか?

家族間無料や(限定の時間であれば)同じキャリア同士は無料、というのはもちろんあるものの、他のキャリアや家電話などにかける場合は、どこの会社も申し合わせたように「30秒21円」の料金が発生する。
※softbank基本プランに加え『Wホワイト』では980円/月を更に支払うと30秒10.5円
※au基本プランに加え『通話ワイド24』では980円/月をさらに支払うと30秒10.5円
※docomoは該当割引プラン無し
(2013年7月22日現在)

ちなみに同一のキャリアに対して24時間無料にする場合には、基本プランに500円(au、softbank)もしくは700円(docomo)の追加が必要となる。無料通話以外への通話料は、各キャリアとも足並み乱れぬ、一律「30秒21円」だ。

申し合わせたかのようなメーカー側の料金設定に対してユーザーが何か策を講じる場合、まず最初に『LINE』などのアプリケーションを使う事が思いつくだろう。しかし『LINE』では現状、電話番号を持つことはできない。かけたい相手と『LINE』でつながっていない場合など、「番号」あてにかける場合には IP電話アプリで”電話番号を持つ”ことが必要だ。

さて、その電話番号を持てるIP電話アプリにもいくつか選択肢がある。これまでは古参『050plus』の一強とも言われていたが、差の出やすいサービスがいくつか現れてきている。今回は、様々な特徴を携えて登場した新サービス『SMARTalk』を使っての比較を行いたい。
050plus_ss

SMARTalk_ss

【基本料】
『050plus』:月額は315円
『SMARTalk』:月額基本料は0円

【ケータイ電話宛】
『050plus』: 16.8円/60秒
『SMARTalk』: 16.8円/60秒(8円/30秒単位で課金)

【固定電話/有料050番号宛】
『050plus』: 8.4円/3分
『SMARTalk』: 8.4円/30秒

【国際電話宛】
『050plus』
・アメリカ:9円/1分
・タイ:45円/1分
・中国:29円/1分
・その他:20円~/1分

『SMARTalk』
・アメリカ:16円/1分(8円/30秒単位で課金)
・タイ:16円/1分(8円/30秒単位で課金)
・中国:16円/1分(8円/30秒単位で課金)
・その他29か国宛: 16円/1分(8円/30秒単位で課金)

ここまでを考慮すると、次のようなことが言える。

『050plus』ケータイだけでなく固定電話にも有料050番号にもまんべんなく電話をかけるユーザー。基本料があるので月によって通話の多い・少ないといったバラつきが少ない人に向いている。

『SMARTalk』ケータイへの通話が比較的多く、固定電話や有料050番号への通話があまり多くないユーザー。基本料が0円なので通話の多い月、少ない月のバラつきがある人に向いている
※ケータイ宛は30秒単位なので場合によって安くなる

『050plus』は月額基本料がある分、どうしても、そこを補って余りあるメリットが欲しいところだろう。先にも述べたように、「固定電話に電話ばかりしているなあ!」というユーザーには良いと言えそうだ。

一方、『SMARTalk』については、月額基本料が無い点やケータイ宛の通話などスポットにおいての強みが見られる。また、「通話録音」「着信転送サービス」など、新規サービスならではの独自機能も搭載されている。特に「着信転送サービス」は、メインで使っている090・080のケータイ番号へ『SMARTalk』から転送できるのでかなり使えそうだ。また「通話録音」が他のアプリ無しで行えるのは、わかるひとにはわかる便利さである。
「ノイズキャンセリング機能」や「アプリでの広告表示が無い」点は『050plus』、『SMARTalk』いずれも共通だ。

もう一点、アプリ仕様の点でバッテリー持ちの優位性が高いのは『SMARTalk』となる。
『050plus』のアプリは、常にバックグラウンド起動をさせておく必要があるので、電池の消耗はまぬがれない。
それに対し、『SMARTalk』アプリはプッシュ通知対応しているので、電池の消費を大幅に削減してくれるという点で、メリットが非常に大きいだろう。

ただし、『SMARTalk』は現在iPhoneアプリでのリリースのみとなっている。Androidアプリも開発中との事なので、Androidユーザーはほんのしばらく待つ必要がある。

以上、両者の比較・説明を行ってきたが参考になっただろうか。

老舗の『050plus』か、はたまた、(携帯キャリアの料金プランに比べ)、通話料の60%をもカットできる『SMARTalk』か。
いままで料金に無頓着だった方は、この機会に試してみてはいかがだろう。

関連リンク

「SMARTalk」公式ページ
http://ip-phone-smart.jp/smart/smartalk/

「050Plus」公式ページ
http://050plus.com/ [リンク]

※記事内一部画像は各サービス公式ホームページより引用

wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。