ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleの“Street View”で、360度視界のエッフェル塔オンラインツアーを体験!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスのパリのシンボルといえば、エッフェル塔だ。エッフェル塔は、フランス革命から100周年を記念し、1889年にパリで開催された万国博覧会議に向けて建造された。歴史的建造物であるとともに、年間700万人もの人が訪れる、世界でも有数の観光スポットである。エッフェル塔に登ってみたい……と思っても、休暇が取れなかったり、お金もかかるため、なかなか実現できていない人もいるだろう。そんな人には、Googleが“Street View”の技術を使って制作した「Eiffel Tower」のコンテンツが目を楽しませてくれそうだ。

Googleのスタッフは、同社の“Street View Trolley”という装置を用いて、エッフェル塔のフロアを回り、塔内の写真や、塔から見える風景の写真を撮影。“Street View”の技術で編集された撮影画像は、360度の視界を実現しており、まるで塔に自身が立って眺めているような気分になれる。高さ300メートルから、パリ市街を見下ろす圧巻の風景は、臨場感たっぷりだ。

Google Cultural Instituteと、エッフェル塔運営会社はチームを組み、オンライン上で3つの展示を展開している。50点に及ぶアーカイブの画像、計画書、装飾、写真などが集められ、“The Birth Of The Eiffel Tower”“The Eiffel Tower’s Inauguration And First Visitors”“The Construction Of The Eiffel Tower”といったオンラインの展示では、エッフェル塔の成り立ち、建造物としての解説や、オープン時の様子などが紹介され、エッフェル塔についての知識を学ぶことができる。パリ行きを検討している人はぜひ、このコンテンツを閲覧し、予備知識を身につけておいてはいかがだろうか。

Google Eiffel Tower

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP