ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PCゲームがスポーツとして認定された!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

e-Sports(エレクトロニック・スポーツ)という言葉をご存じだろうか。近年では、コンピューターゲームの巨大な大会がいくつも開催されるようになり、大会の優勝賞金額も膨大なものになってきており、世界中で多くのプロゲーマーを生み出している。そうした背景から、対戦型のコンピューターゲームを、スポーツの一種であるととらえる動きからe-Sportsという名称が一般化してきた。「いずれe-Sportsをオリンピック種目に」という運動もあるというから、時代の流れを感じさせる。

そんな中、歴史的な事件が起きた。「世界で最もプレイヤー人口の多いPCゲーム」といわれる『League of Legends』(リーグ・オブ・レジェンズ)のプレイヤーが米政府からスポーツ選手として認定されたのだ。アメリカで行われる同ゲームの大会に海外からの有力選手が参加する場合、スポーツ選手用のビザが発行されるのだ。これによって米国内に5年間の滞在が可能になる。頭脳系スポーツとしてはチェスに続く快挙だ。

ここに至った経緯は、開発元のRiot Gamesによる積極的なロビー活動もさることながら、4000万人以上(うち日本人3万人以上)といわれる総プレイヤー数、最高500万ドルという高額な大会賞金など、『League of Legends』というゲームの異常な盛り上がりが背景にある。このゲームを音楽で例えるならば、ビートルズとかマイケル・ジャクソンのような、巨大なムーブメントなのかもしれない。とにかく時代の節目にあたるゲームには違いがない。

さて、そんな『League of Legends』であるが、なんとこれ無料ゲームなのである。公式サイトにいってダウンロードするだけで、誰でも米政府が言うところの『League of Legends』というスポーツに参加することが可能なのだ。いわゆる無料でダウンロードして、課金していく形式をとっているのだが、課金は見た目の飾り付けなどが主で、ゲームの強さには全く影響しない。

マラソンの金メダルランナーになるために、ジョギングを始めること自体は誰でも簡単に出来ることだ。それと同じく『League of Legends』の選手としてゲームを始めるための支障は驚くほど少ない。ジョギングと違って、家から出る必要すらもない。

このゲームは多人数でネットを介してオンライン対戦する、いわゆるRTS(リアルタイムストラテジー)というジャンルに属する。かつて『スタークラフト』や『エイジ・オブ・エンパイア』などが得意だったというような人には向いたゲームだろう。RTS初体験という人にも、思わぬ才能が眠っているかもしれない。ここはひとつ気軽に自宅から、LoL(『League of Legends』の略称)で世界に挑んでみてはどうだろうか。

 

 

『League of Legends』公式サイト( ※画像もこちらからの引用)
http://na.leagueoflegends.com/
BBCニュース
http://www.bbc.co.uk/newsbeat/23321595

※この記事はガジェ通ウェブライターの「戸田健太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP