ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

流出したシステムダンプをベースに作成されたNexus 4用Android 4.3(JWR66N)のカスタムROMが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

早くも、Android 4.3(JWR66N)ベースのNexus 4用カスタムROMがXDA Developersで公開されました。今回のカスタムROMは、本日流出したAndroid 4.3(JWR66N)のシステムダンプをベースに作成されたもので、root化処理を施した以外はほぼそのままという内容です。公開されたAndroid 4.3の導入方法は、ClockworkModリカバリやTWRPといったカスタムリカバリのZIPフラッシュメニューよりインストールするだけ。このROMはroot化済みとされていますが、その処理は不完全なものとなっており、実際にはroot化されていません。root化したい場合は、こちらの記事で紹介したSuperSU v1.41をカスタムリカバリからインストールしてください。Nexus 4用Android 4.3(JWR66N)の変更内容については、こちらの記事で紹介したこと以外は確認できませんでした。しかし、ブートロゴは従来のまま(“X”マーク)、ライブ壁紙にオレンジカラーの“SunBeam”が含まれていない一方で、Google Keepがプリインアプリに追加、Google Playストアアプリは先ほど紹介した新バージョン「4.2.3」にアップデートされているなど、Galaxy S 4 Google Play Editionの流出ROMとは少し内容が異なっています。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
「HTC One mini」がFCCの認証を取得
Galaxy S 4 Google Play Edition用Android 4.3(JWR66V)の公式ファームウェア(I9505GUEUBMG8)が流出
サンコー、Android 4.2・クアッドコアプロセッサ・2GB RAMのAndroidスティック「Android SmartTV Quad-core 2」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP