体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4Dプロジェクションマッピングと80体のドラえもんがお出迎え! 「藤子・F・不二雄展」レポート

藤子・F・不二雄の生誕80周年を記念し、7月19日~10月6日(日)の期間、東京タワーで開催される「藤子・F・不二雄展」。会場では、『ドラえもん』や『パーマン』の第1 話をはじめとする貴重な原画の展示はもちろんのこと、日本初となる室内型の4Dプロジェクションマッピングで体験できる「SF(すこしふしぎ)シアター」や、作品の1 シーンの登場人物となって撮影ができる「なりきりキャラひろば」など、さまざまな仕掛けが施された体感型の展示です。

7月18日にはプレス内覧会が行われ、一足お先にF先生の世界が濃縮された空間を満喫して来ましたので、注目ポイントをご紹介します!

※全ての画像が見れない方は(http://otajo.jp/p/18778)をご覧ください。

東京タワー フットタウン4階に行くと、F先生作品のキャラクターがお出迎え。

F先生の仕事場が動き出す! 大迫力の4D映像「SF(すこしふしぎ)シアター」

藤子・F・不二雄の仕事場をイメージした真っ白い部屋が、プロジェクションマッピングの映像によって次々と変化していく「SF(すこしふしぎ)シアター」。

真っ白の部屋が、

あっという間に仕事場に変身!

原稿から突然飛び出してきたドラえもん、のび太といっしょに、タイムマシンにのって、すこしふしぎな旅にでかけます。映像だけでは無く、風が吹いたりアトラクション感覚の体感映像シアター。ドラえもん、のび太以外にもたくさんのキャラクターが登場し、何度でも観たくなる楽しさです。

あの名作はここから生まれた「原画の部屋」

貴重な原画の数々やカラーイラスト、F先生の愛用品まで展示してあるこのスペース。ドラえもんやオバQの初登場シーンはどこかずんぐりむっくりしていて、それがまた可愛いのです。F先生自身のお言葉や、奥様からのメッセージなど、ファンは涙してしまうかも。

原画の展示以外にも、藤子不二雄A先生をはじめ、『名探偵コナン』の青山剛昌先生など人気漫画化が描いたドラえもんの色紙も。映画主題歌を担当したPerfumeや福山雅治さんからのメッセージも見る事が出来ますよ。

あの名シーンに入れちゃう! 「なりきりキャラひろば」

『ドラえもん』の「のび太の部屋」や「おばあちゃんの思い出」のシーンなど作品の世界に入り込み、人気キャラクターといっしょに、なりきりフォトが撮影できる体験型フォトポイント。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy