ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileが香港で「Xperia Z Ultra」を発表、3G版とLTE版を投入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileは7月17日、香港でプレスイベントを開催し、6.44インチ大画面スマートフォン「Xperia Z Ultra」の香港版を発表しました。香港で発売される「Xperia Z Ultra」は3G版とLTE版の2種類で、価格と発売予定日は、3G版が6,198香港ドル(約79,000円)で7月末、LTE版が6,398香港ドル(約82,000円)で9月中旬と発表されたそうです。価格は2013年モデルの中でも一番高いですね。専用クレードル「DK30」は別売(298香港ドル(約3,800円))で、8月中に発売される予定です。「Xperia Z Ultra」は、画面サイズ6.44インチ1,920×1,080ピクセルの液晶ディスプレイを搭載したハイエンドモデル。Snapdragon 800 2.2GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、800万画素のExmor RSカメラ、3,000mAhバッテリーを搭載。IP58レベルの防水・防塵に対応するほか、ペンを使った手書き入力も可能です。ちなみに、3G版は仕様とは違って「モバイルBRAVIAエンジン2」を搭載して発売されるそうですが、LTE版が発売される9月中旬には「X-Realityエンジン」にアップデートされる見込みとのことです。Source : RingHKSony Store HK



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、月定額で聴き放題の音楽ストリーミングサービス「Google Play Music All Access」をオーストラリアとニュージーランドでも開始
ドワンゴとニワンゴ、auスマートパス会員限定の公式Androidアプリ「ニコニコ生放送プレイヤー for au」の提供を開始(プレスリリース)
LG、今後の“Gシリーズ”と“Vuシリーズ”で“Optimus”ブランドを使用しない方針を発表、次期フラッグシップの名称を「LG G2」に決定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP