ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

今年の注目すべき駅弁はコレだ! 注目駅弁ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

毎年恒例となっている、京王デパートの『元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』。今年で第44回となり「そろそろ食べつくしてしまったか?」と思っている駅弁ファンもいることだろう。ということで、当編集部が厳選した、今年の『元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』で購入したい駅弁ベスト3を決定したので、ぜひとも参考にしていただきたい。

ただし、厳選はしたのだが「美味しさ」や「人気度」よりも「冒険とワクワク感」を重視にしたランキングなので、あらかじめご了承いただきたい。

3位 いかめし(いかめし) JR森駅
とりあえず、定番すぎる『いかめし』だけはおさえておきたい。高額だと購入するのに躊躇するが、500円なのでお手ごろ感もあり、駅弁大会の醍醐味のひとつとして購入しておくべきだろう。イカが小さいと、通常ふたつ入っているイカが、3つになっていることがある。3つイカが入った『いかめし』をゲットできた人は幸運な一日を送れるだろう(たぶん)。

2位 有田焼カレー弁当(ありた やきかれー べんとう) JR有田駅
駅弁なのにカレー。カレーなのに駅弁。いろんな意味で不思議な駅弁だが、有田焼の食器を使っているところも特徴的であり、「電子レンジで温めるといっそう美味しくなる」とかれている所もおもしろい(駅弁のなのに)。販売元に取材をしたところ、有田駅では常温で売られているが、あらかじめ販売元に電話連絡しておけば、指定の時間に温かい『有田焼カレー弁当』をキオスクに用意しておくそうだ。けっこう親切である。

1位 およぎ牛弁当(およぎうし べんとう) JR松江駅
海を泳いで島から島へと渡る牛の肉のみを使用した、牛肉の煮込みやそぼろをふんだんに盛り付けた駅弁である。牛が泳いで島から島へと渡ること自体けっこうな驚きだが、泳いでいる牛の肉だけを使用した駅弁があるとは、さらに驚きである(駅弁好きのなかでは以前から有名な駅弁なのだが)。牛が泳ぐ理由は、牛たちが棲む島に草がなくなったとき、となりの島に泳いで渡り、草を食べるのだという。スタッフに「牛が泳いできたところを銃で仕留めるのですか?」と質問したところ、「飼われている牛が泳いでいるので、仕留めることはないですね」とのこと。あたりまえか。



 

 
■こんなグルメの記事や情報もあります
宅配ピザの店員がホンネを語る困った客ベスト6
ひろゆき記者・元祖有名駅弁と全国うまいもの大会の初日に行く
日本一インスタントラーメンを食べる女と市販のカレーを出す店に行ってみた
【渡米取材】日本×アメリカ『クォーターパウンダー』対決!
駅弁に関するウワサやクチコミのまとめ(関心空間)

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。