ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LGディスプレイ、ベゼルとユニットの厚みを削減した5.2インチフルHDの新LCDを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LGディスプレイは7月11日、現在市場で販売されているフルHDの液晶ディスプレイの中でもベゼルとユニットの厚みが最も狭い5.2インチフルHDの液晶ディスプレイを開発したと発表しました。5.2インチフルHDのLCDと言えば、Optimus G2/G2のディスプレイサイズと一致していますね。それに搭載予定の製品かもしれません。LGディスプレイが発表した新LCDは、IPS液晶の表示パネル、タッチセンサー、カバーガラスを一体化した製品。アドバンストカバーガラス一体型(OGS)技術により、LCDの厚みを大幅に削減。カバーガラスにタッチセンサーを蒸着し、OGSから一歩進んだ回路基板の実装により、ベゼル幅を大幅に削減したとしています。発表によると、このLCDをのベゼル幅は2.3mm、ユニット本体の厚みは2.2mmとのことです。また、液晶とタッチパネルの間にOCR(光学的透明粘着樹脂)を形成したダイレクトボンディング方式を採用したことで、バックライトからの光の散乱が低減し、コントラストや輝度が20%向上、ACR(屋外環境でのコントラスト比)と色の再現性については約70%向上したとしています。輝度については、従来のLCDが最大470nitsだったのに対して、新LCDでは、最大535nitsの数値を示したとしています。Source : LGSource : LGディスプレイ



(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei Honor 3の実物写真が流出、防水対応ボディ、赤外線リモコン機能も搭載か?
ソフトバンク、「AQUOS PHONE Xx 203SH」のソフトウェアアップデートを開始、ブラウザの強制終了問題に対処
「サンルートホテルチェーン」の公式Androidアプリがリリース、イマナラの時限クーポン付き(プレスリリース)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP