ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜BLITZが10月14日をもって営業終了、9年間の歴史に幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

テレビ局のTBSが運営するライヴハウスの横浜BLITZが、今年の10月14日をもって営業を終了することがあきらかとなった。

2004年11月14日、神奈川・横浜のみなとみらい地区に位置する総合エンターテインメント施設〈GENTO YOKOHAMA〉内にオープンした横浜BLITZ。ライヴハウスとしては横浜最大規模の1,700人が収容可能で、ホール壁面に設置された36台のサラウンドスピーカーと4台のセンタースピーカーによる〈サラウンド・システム〉を導入している。これまでにオフスプリング、カサビアンといった海外アクトから、YUKI、木村カエラなどの国内勢まで多彩なアーティストがそのステージに立っており、アップアップガールズ(仮)やグループ魂らは同会場でのライヴの模様を映像作品化している。

オフィシャルサイト内のスケジュールによると、最終営業日となる10月14日の予定はまだ未定。一体誰が横浜BLITZのラスト・ステージを飾るのか気になるところだ。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP