ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技(Xiaomi)の新型スマートフォン”赤米(Red Rice)”のAntutu情報、MediaTekの1.5GHzクアッドコアプロセッサを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カスタムROM「MIUI」提供元の小米科技(Xiaomi)が開発を進めている新型スマートフォン”赤米(Red Rice)”のAntutuベンチマークスコアのスクリーンショットがWebboで公開されました。”赤米(Red Rice)”は、これまでの小米スマートフォンの中で一番安い999元で販売されるエントリーモデルで、8月中旬に開催されるという新製品発表会で正式に発表されると噂されています。スクリーンショットによると、ディスプレイは1,280✗720ピクセルのディスプレイ、MediaTek MT8689T 1.5GHzクアッドコアプロセッサを、約1GBのRAM、約1GBのROM、背面に800万画素カメラ、前面に120万画素カメラ、そして、OSはAndroid 4.2.1と表示されています。Source : ZOL



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Galaxy Tab 7.7 Plus SC-01E」と「LUMIX Phone P-02D」のソフトウェア・アップデートを開始
NTTドコモ、「Xperia GX SO-04D」「Xperia SX SO-05D」のAndroid 4.1アップデートを提供開始
Google、「Google Glass」のアップデート内容を発表、音声操作に新アクションが追加、Gmail連絡先の同期機能やWEBブラウジング機能も

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。