ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国 イスラム聖戦士を天国に導かない銃弾発売開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は『The Voice of Russia』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/371352をごらんください。

米国 イスラム聖戦士を天国に導かない銃弾発売開始


(c) Flickr.com/Jamespon/cc-by-nc
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/07/21.jpg

米国の「South Fork Industries」社は、豚肉を使用した塗料でコーティングされた銃弾の販売に着手した。同社の説明では、イスラムの教えにおいて豚肉は不浄なものとされているため、この弾丸で銃殺されたイスラム過激派戦闘員の身体は「汚された」ものであり、聖戦士たちは自らの基本的な天国に入るという目的を達する事ができなくなる。

「South Fork Industries」社は、この新製品を「イスラム過激派向け平和必然的抑止手段」と名付けている。SBC Seattle*1が伝えた。なおこの弾丸のメイン・スローガンは「豚肉を通しての平和」。弾丸一箱およそ20ドルで、発売以来、日を追って人気が増している。

*1:「Company Sells Pork-Laced Bullets To Fight Islamic Terrorists」 2013年06月24日 『CBS Seattle』
http://seattle.cbslocal.com/2013/06/24/company-sells-pork-laced-bullets-to-fight-islamic-terrorists/

「South Fork Industries」社のプレス・リリースの中では、この弾丸により、単にイスラム・テロリストを殲滅するだけでなく、彼らを地獄に送る事ができると指摘されている。イスラムの伝統によれば、非イスラムとの「聖戦(ジハ-ド)」の中で死んだ信仰に忠実な戦士は直接天国に召され、そこでは72人の美しい処女達が待っている。しかしコーランは、状況に関わりなく豚肉と接触したいかなるイスラム教徒も「不浄である」とし、天国へは行かれないと説いている。

執筆: この記事は『The Voice of Russia』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年07月01日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP