ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年07月01日~07月07日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年07月01日~07月07日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:双子座

節度を守ることが幸運の鍵。また何事もバランスを重視することで物事が良い方向にむかうでしょう。計画性のない無謀な行動は禁物。特にレジャーでの行き当たりばったりは失敗の原因となりがち。七夕の日は解放感が得られそう。ただしはめを外し過ぎないよう注意。

第2位:蟹座

心配事は解消される見通し。また周囲の状況にも少しずつ変化が見られそうです。ただし油断していると思わぬ落とし穴にはまる可能性があるので言動は慎重に。できるだけ争いごとを避け穏やかに過ごすよう心掛けると吉。七夕の日は誘惑に負けないことを肝に銘じて。

第3位:牡牛座

仕事運が好調。合理的かつ積極的に物事を進めることで高い評価を得られるでしょう。交渉は強気で良さそうです。そのぶんプライベートでは思うように時間がとれなかったり言動がいい加減になりがちなので気をつけて。七夕の日は自分から率先して行動を起こすと吉。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/370714 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:天秤座
研究心や知的好奇心が良い結果につながるとき。興味のある分野には進んで関わると良いでしょう。ただし何でも人に聞こうとしたり頼ろうとするのは禁物です。また連絡の行き違いには要注意。七夕の日は自分が楽しもうとするより相手を楽しませることを大切にして。

第5位:射手座
対人運は好調。特に恋人や家族など身近な人たちとの触れ合いが日頃のストレス解消につながり癒やしとなりそうです。逆にあまり親しくない人たちとの交流の場は気疲れするばかりで収穫は少なそう。海外の情報にツキがあり。七夕の日は過去にこだわらないほうが吉。

第6位:獅子座
週前半はトラブル発生の兆し。対人運が不調なのでコミュニケーション上の衝突が起こるかも。特に恋人など身近な人との関係悪化には気をつけて。いったんフラットな状態にすると良いかも。週末から運気は上昇傾向。七夕の日は少し遠い未来の夢や目標を掲げると吉。

第7位:乙女座
不平や不満は愚痴るだけでなく具体的に改善しようと行動を起こすことが肝要です。その際身の丈以上のことを望むのではなく安定を目標とし実情に即したプランを立てるよう心掛けましょう。七夕の日はチャンス到来の兆し。逃さないようにアンテナをしっかり張って。

第8位:水瓶座
問題はいずれ時間が解決してくれるでしょう。無理に結論を急がないこと。運気は徐徐に回復傾向にあります。焦らず好機を待ちましょう。また生活が乱れている人は今のうちに立て直しておくと後が楽になりそう。七夕の日は嘘に注意。つくのもつかれるのも用心して。

第9位:牡羊座
攻撃的になりやすいときです。ささいなことでイライラして語調や態度がキツくなってしまいそう。気分転換を大切に。また笑顔を心がけると吉。直感力や判断力は冴えているので提案は積極的にすると良いでしょう。七夕の日は見た目に気を配るようにすると運気上昇。

第10位:魚座
金銭運が低調。思わぬ出費に悩まされるかもしれません。無駄遣いは控えたほうが良さそうです。またこれを機に収支の見直しをはかるのも良いでしょう。仕事・勉強面では真面目にこつこつ積み重ねてきたものが実を結びそう。七夕の日はいつもに増して用意周到にして。

第11位:山羊座
視野を広げるのが大切な時期。せまい物の見方で判断すると後悔することにつながりかねません。視点が定まらず迷走しがちなときでもありますがそのなかで気付くことも多いはず。苦労から発見を得ることが肝要です。七夕の日は保身に走って吉。自己犠牲は禁物です。

第12位:蠍座
運気は低調気味。面倒なことを押し付けられたり他人の尻拭いをさせられるなど自分のせいではないことで苦労するかもしれません。しかしこの山場を乗り越えることであなたの評価は格段に上がるので今が正念場と心得て。七夕の日は愛想の良さが幸運の鍵になりそう。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP