ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

任天堂の株主総会 ソニー株主総会と同じ人物が社長の前で挙手するも無視される

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

昨日行われた任天堂の株主総会。開場は本社の7階会議室となっており出席者はそれほど多くない模様。大企業ともなると万単位の出席者が参加するが、任天堂は割と少ないようだ。恒例の任天堂岩田社長からの挨拶が行われ、監査法人の報告、事務経過報告と株主総会らしい内容である。

出席した株主にはちょっとしたお土産も配られ、中にはトランプやお茶などが入っていたという。

質疑応答では原稿用紙を用意した男性がそれを読み上げ、熱心にゲームについて語る場面や、「ニンテンドー3DSでバーチャルボーイのゲームがバーチャルコンソールで遊べないか」という質問、または「外部開発のすれちがい広場の追加コンテンツが面白い。今後もこのような試みを行って欲しい」という声が挙がったという。

そんな株主総会の質疑の際に最前列で挙手をしていた男性がいたという。そのことは『Twitter』で次のように書かれている。

「任天堂株主総会、ソニーにマリオの帽子かぶっていた人が真ん前岩田社長の正面に。手を上げても無視される。」

どうやらこの人物、あの超人気漫画家のピョコタン先生のようである。『クラブニンテンドー』でもらえるマリオの帽子を被り、自分のピョコタンTシャツを着て最前列でずっと手を上げていたという。しかし指されることはなく質疑は終わり。何を質問したかったのか気になるところである。

ピョコタン先生は昨年のソニーの株主総会にマリオの格好で出席するなど、毎回目立った格好で出席しているため話題にもなっている。もちろんピョコタンは株主なので会社側は丁寧に対応してくれる。

ピョコタンという漫画家志望がソニーの株主総会にマリオの格好で乗り込む! 「コスプレした総会屋だろ」
該当ツイート

※画像はTwitterより引用。

元の記事:http://getnews.jp/archives/369945

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。