ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラウドプラットフォーム『Windows Azure』にウェブサイト構築向け『Webサイト』とモバイルアプリのバックエンド向け『モバイルサービス』を提供開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


日本マイクロソフトはPaas(Platform as a Service)として提供するクラウドプラットフォーム『Windows Azure』に、ウェブサイト構築向けの『Windows Azure Webサイト』とモバイルアプリのバックエンド向け『Windows Azure モバイルサービス』を追加。6月27日から無償サービスに加えてサポートを含む有償サービスの提供を開始しました。

『Windows Azure Webサイト』は、ウェブアプリケーション開発に用いるPHP、.Net Framework(ASP.NET)、node.jsなどのランタイムをあらかじめ組み込んだクラウド型ウェブサーバー。SQLデータベース、MySQLなどから選択したデータベースにウェブアプリケーションを接続できるほか、WordPress、Umbraco、DotNetNuke、Drupal、Django、CakePHP、Expressなどのアプリケーション、フレームワーク、テンプレートから開発することもできます。ウェブサーバー導入の初期コストや運用のメンテナンスコストを抑えつつ、スケール化が容易。

『Windows Azure Webサイト』には無料版、共有(プレビュー)版、標準版の3種類があり、いずれも最初の12か月は20MBのMySQLデータベースが利用できます。無料版はカスタムドメインが使えず、サイト数は10まで、1GBストレージ、データ送信の転送量が最大165MB/日の条件で利用可能。共有版ではカスタムドメインが使用可、サイト数は100まで、1GBストレージの条件で1.08円/時(~約800円/月)。

標準版ではシングルコア、1.75GBメモリーのSサイズでカスタムドメインが使用可、サイト数は500まで、10GBストレージの条件で8.31円/時(~約6000円/月)。7月31日までは6.65円/時(~約5000円/月)のキャンペーン料金で提供します。サーバーはCPUコア数とメモリーによりS/M/Lのサイズに分かれ、それぞれ料金が異なります。

『Windows Azure モバイルサービス』は、スマートフォン用アプリのバックエンドソリューションを提供するPaaS。バックエンドデータベースの作成機能とそれにアクセスするAPI、WindowsストアアプリとWindows Phone、iPhone、Androidの各端末へのプッシュ通知機能、Microsoft、『Facebook』、『Twitter』などのアカウントを利用したユーザー認証機能を提供します。

7月31日までは無償で提供。無料版はAPI呼び出しが50万回、同サービスを利用するアプリをインストールし、過去30日以内にそのアプリを開いたことがあるアクティブデバイスが100までの条件で利用可能。スタンダード版はAPI呼び出しがユニットあたり150万回、アクティブデバイス無制限の条件でユニットあたり2076円/月。プレミアム版はAPI呼び出しがユニットあたり1500万回、アクティブデバイス無制限の条件でユニットあたり1万6525円/月。データ転送料金はサービス料金に含まれています。いずれも初期1年は20MBのSQLデータベースが無料で利用可能。

Windows Azure(日本マイクロソフト)
http://www.windowsazure.com/ja-jp/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP