ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

噂のベビースターサーバーを早速使ってみた! 回すだけでベビースターが出てくる贅沢アイテム

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫



おやつカンパニーの人気商品『ベビースターラーメン』は気軽に食べることができるおやつとして小さい頃から誰もが親しんできたお菓子である。マスコットキャラクターにはベイちゃんが描かれており、限定商品や地方限定商品まで展開。
そんなベビースターを約900g分収納可能な『ベビースターサーバー』が当たるキャンペーンが開始された。応募対象賞品は『ベビースターラーメンチキンBIG』。パッケージには金色でキャンペーンの事が書かれており、Aコースはこの『ベビースターサーバー』が1200名、BコースはベイちゃんQUOカードが1200名となっている。いずれも締め切りは2014年3月31日の23時59分。

今回この『ベビースターサーバー』をガジェット通信が無理を言っておやつカンパニーさんから貸して貰うことができた。ついでにベビースター12袋も送られて来た(賞品にはベビースターはついてこない)。サーバーには約900g入るので79gの『ベビースターラーメンチキンBIG』の場合は約11袋分入る計算となる。

そんな訳で早速袋を開けてベビースターをサーバーに投入。「ザラザラー」と勢いよく投入される。2袋目、3袋目も躊躇無く投入。……そのまま10袋目まで行くと丁度良い感じになってきた。サーバーにはベビースターがギッシリ詰まっておりハンドルを捻ればいつでも食べれる状態である。蓋は上と下についており湿気対策はバッチリ。特に今の季節は湿気対策をしないとすぐにしめっちゃうからね。

そんなわけでベビースターが沢山詰め込まれているサーバーのできあがり。早速ネジを捻って出してみることにする。ネジを捻ると「ガリガリ」と抵抗のある音がしたあとにベビースターが落下。「おー」、と多少の感動。このように食べたい分だけハンドルを回せば良いのである。

サーバーから『ベビースター』を出して遊んでいるとほかのスタッフもやってきて「私にもやらせて」「ワシにもやらせろ!」「おいどんもやりたい」「あっしもやりたいでヤンス!」との声が。
900gあったはずの『ベビースター』も半分程まで減ってしまったのである。


こちら『ベビースターサーバー』はウェブへの登録が必要で、Aコースは3ポイントで応募、Bコースは1ポイントで応募可能となっている。商品の袋の中にシリアルナンバーが書かれているので、そのシリアルナンバーを入力して応募しよう。

『ベビースター』はクックパッドで186種類ものメニューが公開されており、ベビースターサラダ、ベビースターチキン揚げなど面白い創作料理ばかり。サーバーがあればいつでもベビースターを食べれるだけでなく、創作料理の材料としても使うことが出来てしまう。

キャンペーンサイト

※賞品にはベビースターが付きません。

元の記事:http://getnews.jp/archives/369259

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP