ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「大泉エッセイ」が発売2カ月で20万部を突破する異例の大ヒット!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドラマや映画、バラエティー番組にひっぱりだこの大泉洋のエッセイ本「大泉エッセイ ~僕が綴った16年」(1365円)が、発売2カ月でなんと20万部を突破!異例の大ヒットを記録している。

「大泉エッセイ ~僕が綴った16年」は、40歳を迎えた大泉が、1997年から綴ったエッセイをまとめたもの。今や伝説ともなっているテレビ番組「水曜どうでしょう」についての初告白のほか、ローカルタレントから全国区へ急激な変貌を遂げた「心情と自負について」、また大切な家族のことなどが語られている。

大泉独特の軽妙な語り口は、エッセイの中でも炸裂。笑いあり、涙ありでファンならずとも心がほぐれる話ばかりなので、是非書店で手にとってみてほしい。

なお、表紙の装画は、大泉自身が子どもの頃からファンだった「タッチ」のあだち充が担当。書籍の装画は初というあだちが描く大泉にも注目だ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP