ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

漏水があったのに不備のまま出航? 24時間テレビのための企画だった? 辛坊治郎さんがブログを削除

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ニュースキャスターの辛坊治郎さんと盲目のヨットマン岩本光弘さんがヨットで太平洋で横断中に船内に浸水、救助を要請し6月21日に無事救助された。ネット上では、無事救助されたことに安堵の声が挙がる一方、「辛坊さん、イラク人質救出のとき、自己責任論を唱えてなかった?」「救助にいったいいくらの税金が使われたのだろうか」といった非難の声も。そして、辛坊さんがブログの過去記事を削除してしまったことに疑問が持たれている。

・現在、過去記事を削除されているブログが『ブラインドセーリング』。

削除してもネット上の別の場所に残っているわけだが、ブログに6月14に辛坊さんが投稿した

「行ってきます!」というエントリーには

それにしても今回の大阪~福島回航は、とても実りの多いものでした。まさに「荒
天」に恵まれたために、完璧に整備したと皆が思い込んでいたエオラス号にいくつか
の問題点が見つかったんです。まず一つは、船の舳先に突き出ている大きな棒、これ
をバウスプリットって言うんですが、この根元から少量の漏水が発見されました。エ
オラス号には既に太平洋横断用の資材をすべて積み込んでいたために相当喫水が下
がっていて、台風の余波のうねりに舳先から突っ込んで派手に海水をすくい上げる局
面が何回かあったんですが、この時バウスプリットの止水に不具合があって、水が漏
れることが分かったんです。
当初、この2日間で舳先をすべて解体して、充填剤を入れなおすことも計画されたん
ですが、様々なリスクを計算した結果、内側からの充填で対処することになりまし
た。余程荒れた海でない限り漏水しませんし、エオラスの設備で簡単に排水できる程
度のものですから、これで、まず大丈夫でしょう。

というものがある。今回の結果との因果関係は不明だが、削除したということはマズい表現だったのかもしれない。

また、

たぶん現在のエオラス号は、日本で最もよく整備された外洋帆走船になっているはず
です。しかし、これで完璧かというと、完璧はあり得ないのがこの世界です。ジョー
ジクルーニー演じる練達の船乗りでさえ、「パーフェクトストーム」に巻き込まれた
ら助かりません。極端な話、どんなに整備された船でも、隕石にぶつかったり、中国
の潜水艦に当てられたらひとたまりもありませんからね。でも、そんなことを言い出
したらキリがありません。

とも書いていた辛坊さん。記者会見で岩本さんは「クジラか何かにぶつかった」可能性に言及していた。まさか「中国の潜水艦に当てられた」ゆえの浸水だったのかはわからないが……。

そして、

「読売テレビの現場スタッフが企画書を書き、最高幹部のゴーサインをもらった」

との記述もある。ネット上では、8月24日から25日にかけて放映される日本テレビ系列の『24時間テレビ』のための航海だったのでは?といった声もあるようである。

※画像は削除前の『ブラインドセーリング』サイトより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP