ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「花のアンドロイド学園」の単行本が6月27日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「週刊アスキー」にて連載中のスマートフォン事情を解説したマンガ「花のアンドロイド学園」が単行本になって発売されることになったそうです。発売日は2013年6月27日(木)で、価格は998円(税込)です。この単行本には、Androidの父と呼ばれるGoogleのAndy Rubin氏がコメントを寄せており必見です。以下、プレスリリースです。

株式会社アスキー・メディアワークスは、アンドロイド端末メーカーを擬人化した世界初のコミック『花のアンドロイド学園 Vol.1』を2013年6月27日(木)に発売いたします。

「アンドロイド学園」は日本のどこかにある私立女子高。15人ほどの生徒は、ツンデレ・めがねっ娘・ギャル・女子高生妻などなど、個性豊かな美少女ぞろいです。彼女たちはサムスンやソニーモバイル、シャープなど端末メーカーの擬人化。お互い切磋琢磨し合いながら、ゆかいな学園生活を繰り広げています。ドコモ・au・ソフトバンクなどは“部活”として描かれ、通信速度や“つながりやすさ”を日々鍛錬。各シーズン恒例のファッションショーでは、新端末の“お洋服”を作って披露。防水端末は水着姿として表現されています。ライバルであるiPhoneやBlackBerry、Windows Phoneも他校に通う美形男子として登場。彼らとのやり取りも見逃せません。パソコン雑誌『週刊アスキー』や『マックピープル』、ウェブサイト『週アスPLUS』で連載中の本作。解説・事実監修は、ケータイジャーナリストの石野純也氏が行っています。Androidの父と呼ばれるアンディ・ルービン氏は、本作品について以下のように述べています。「読んで思わず噴いてしまった」=============================================【書名】 花のアンドロイド学園 Vol.1【著者】 加山紀章【判型】 A5判【色数】 4色(フルカラー)【頁数】 128ページ【定価】 998円(税込)【ISBN】 978-4-04-891812-1【発行】 株式会社アスキー・メディアワークス【発売日】2013 年6月27日(木)メーカー擬人化漫画『花のアンドロイド学園』キャラ設定資料http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/071/71299/【コピーライト表記】 (C)2013 加山紀章=============================================<著者紹介>加山紀章 (かやま きふみ)東京都出身の女性漫画家。『週刊アスキー』の連載ページ“スマホ魂”にて、ケータイやスマホ用語をテーマにした4コマ『電波なやつら』を連載。魅力的なキャラや切れ味のあるギャグを得意とし、躍動感のあるアニメのような絵柄が魅力的。現在使用中のスマートフォンはauの『INFOBAR A01』で、『iPad』も積極的に活用中。<関連URL>●週アスPLUS:http://weekly.ascii.jp/●MacPeople Web:http://macpeople.jp/●アスキー・メディアワークス公式サイト:http://asciimw.jp/



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、PCをクラウドサーバ化するPCソフトウェア「HomeSync Lite」を発表
HTCが中国で「HTC Desire 609d」を発表
NTTドコモ「Optimus it L-05E」が本日発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP