ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intensity Extreme/UltraStudioExpress(BlackmagicDesign)フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

Intensity Extreme(BlackmagicDesign)

BlackmagicDesignからIntensity ExtremeとUltraStudioExpressが登場。フォトレビューさせていただきました。
(撮影:ガジェット通信撮影班 しゃむ)

※記事中コメントは使用したガジェット通信スタッフによるもの。

「Intensity Extreme」(BlackmagicDesign)

(メーカー公式リリースより)
Intensity Extremeは、超高速Thunderbolt™テクノロジーを搭載した世界初の HD/SD編集ソリューションです。Intensity Extremeを接続するだけで、Thunderbolt™ベースコンピューター用の高品質のHDMI、コンポーネント、Sビデオ、コンポジットの キャプチャー・再生が可能になります。圧縮/非圧縮ビデオでSD/HDキャプチャー・再生が可能なIntensity Extremeは、ビデオグラファーにとって最適なソリューションです。さらに、革命的なデバイスであるIntensity Extremeは、Avid Media Composer 6™、Final Cut Pro™、Adobe Premiere Pro™、Adobe After Effects™、Nuke™、DaVinci Resolveなどと互換性を持っています。

Intensity Extreme

Intensity Extreme

Intensity Extreme

Intensity Extreme
「ゲーム実況で使用しました。HDMIでのパススルー仕様もあるので別のモニターにスルーさせながら配信することが可能です。Thunderboltでの接続なのでラグは全く無く、アクション、格闘ゲームなどのラグが命取りのゲームも問題なく配信出来ます。(30代男性)([検証環境]配信PC:MacBook Pro(Win7ブートキャンプ) ハード:Xbox360 ソフト:SUPERSTREETFIGHTER4AE」)」

スペック:Intensity Extreme

【価格】¥32,980
【接続】
・アナログビデオ入力  コンポーネント、NTSC、PAL、Sビデオ
・アナログビデオ出力     コンポーネント、NTSC、PAL、Sビデオ
・アナログオーディオ入力   2チャンネルRCA HiFiオーディオ入力(24bit)
・アナログオーディオ出力   2チャンネルRCA HiFiオーディオ入力(24bit)
・HDMIオーディオ入力    2チャンネル
・HDMIオーディオ出力    2チャンネル
・デジタルビデオ入力 HDMI入力    1系統
・デジタルビデオ出力 HDMI出力    1系統
・SPDIFオーディオ出力    2チャンネル(24bit)
・対応デュアルレート HDMIとアナログコンポーネントはHD/SD切替可能
・同期入力     未対応
・デバイスコントロール    未対応。FireWireを使用できるカメラもあります
・対応HDMIフォーマット   525 NTSC、625 PAL、720HD、1080HD(切替可能)
・コンピューターインターフェース   Thunderbolt™

【標準】
・対応SDフォーマット   625i/50 PAL、525i/59.94 NTSC
・対応HDフォーマット   1080i50、1080i59.94、1080i60、1080p23.98、1080p24、1080p25、1080p29.97、1080p30、720p50、720p59.94、720p60
・HDMIビデオサンプリング 4:2:2
・HDMIオーディオサンプリング テレビ標準サンプルレート(48kHz/24bit)
・HDMI色空間 YUV 4:2:2
・HDMI色精度 4:2:2
・コピー防止 法律上の理由により、著作権で保護されたHDMIソースからのキャプチャーはできません。コンテンツをキャプチャー・配信する前に、著作権の所有を確認してください

【処理】
・色空間コンバージョン ハードウェアベースのリアルタイムコンバージョン
・HDダウンコンバージョン ビデオキャプチャー時にソフトウェアベースのダウンコンバート
・HDアップコンバージョン ビデオキャプチャー時にSDから1080HD/720HDにリアルタイムコンバート
・リアルタイムエフェクト Apple Final Cut Pro™ 内部エフェクト。 Adobe® Premiere Pro® Mercury Playback Engineエフェクト。 Avid Media Composer 6™ 内部エフェクト

【その他】
・同梱ソフトウェア           Media Express、Disk Speed Test、Blackmagic System Preferences、Blackmagicドライバー
・内部ソフトウェアアップグレード ファームウェアはソフトウェアドライバーに同梱。システム起動時あるいはソフトウェアアップデート時に読み込み
・インストール           Mac OS X 10.7 Lion、それ以降のOS、Mac OS X 10.8 Mountain Lion、それ以降のOS、Windows 8リリースプレビューを搭載したThunderbolt™対応のコンピューターが必要。

「UltraStudioExpress」(BlackmagicDesign)

(メーカー公式リリースより)
超高速のThunderboltテクノロジーに対応したUltraStudioは、Ultra HD 4Kまでの最高画質のビデオ解像度で作業が可能です。SDI、HDMI、アナログビデオインターフェースを搭載したThunderbolt対応のモデルは、ラックマウント、ポータブルモデルから選択できます。UltraStudioは、DaVinci Resolve、Final Cut Pro、Avid Media Composer、Adobe Creative Suiteなど、お気に入りのビデオソフトウェアと使用できます。UltraStudioは、QuickTimeおよびWDMベースなので、Mac OS X、Windowsに対応したビデオソフトウェアと動作します。

Intensity Extreme

Intensity Extreme

Intensity Extreme

Intensity Extreme

Intensity Extreme

Intensity Extreme

Intensity Extreme

Intensity Extreme

「BlackMagicDesignがリリースするIntensity ExtremeはHDMI接続のみだがUltraStudioExpressはSDI入力にも対応した事により、業務機との映像の受け渡しが非常に手軽になった。

配信などの用途以外にも同社のホームページからダウンロード出来るMediaExpressを使用する事によって、Macでは無圧縮の高画質ファイルからProresなどのプロの現場で動画編集用途に使われるフォーマットでも録画可能。WindowsではAVIで録画が可能。
高解像度の配信現場に対応しようとすると、それに応じて大荷物になってしまうのが常であったがultraStudioがあれば配信用のパソコン+カメラだけでも非常に高画質の配信が出来るので、興味のある人は是非手に取ってこの高いポテンシャルを感じていただきたい。(30代男性)」

スペック:UltraStudioExpress

【価格】¥53,980
【接続】
・アナログビデオ入力 10bit 1系統(SD、HD切替可能)
・アナログビデオ出力 10bit 1系統(SD、HD切替可能)
・デジタルビデオ入力 3 BNCコンポーネント YUV1系統、RCA端子はSビデオ、コンポジットの切替可能。コンポーネントはHD、SDに対応
・デジタルビデオ出力 3 BNCコンポーネント YUV1系統、RCA端子はSビデオ、コンポジットの切替可能。コンポーネントはHD、SDに対応
・HDMIビデオ入力 AタイプコネクターHDMI 1系統
・HDMIビデオ出力 AタイプコネクターHDMI 1系統
・アナログオーディオ入力 プロフェッショナルバランスXLR端子、あるいはアンバランスRCA端子による2チャンネルのアナログオーディオ
・アナログオーディオ出力 プロフェッショナルバランスXLR端子、あるいはアンバランスRCA端子による2チャンネルのアナログオーディオ
・AES/EBUオーディオ入力 BNC端子による2チャンネルのアンバランスオーディオ(サンプルレートコンバーター搭載)
・AES/EBUオーディオ出力 BNC、あるいはRCA端子による2チャンネルのアンバランスオーディオ(サンプルレートコンバーター搭載)
・SDIオーディオ入力 16チャンネルエンベデッド(HD)、8チャンネルエンベデッド(SD)
・SDIオーディオ出力 16チャンネルエンベデッド(HD)、8チャンネルエンベデッド(SD)
・HDMIオーディオ入力 2チャンネルエンベデッド(SD/HD)
・HDMIオーディオ出力 2チャンネルエンベデッド(SD/HD)
・同期入力  SD、720p50、720p59.94、1080i50、 1080i59.94フォーマットではブラックバースト、すべてのHDフォーマットでは3値シンク
・デバイスコントロール ソニー準拠RS422デッキコントロール。ソフトウェア上でシリアルポートのTxRx反転制御に対応
・コンピューターインターフェース Thunderbolt™

【標準】
・対応SDフォーマット 625/25、625p PAL、525/29.97、525p NTSC、480p
・対応HDフォーマット 720p50、720p59.94、720p60、1080i50、1080i59.94、1080i60、1080PsF23.98、1080p23.98、1080PsF24、1080p24、1080PsF25、1080p25、1080PsF29.97、1080p29.97、1080PsF30、1080p30
・対応2Kフォーマット 未対応
・SDI規格 SMPTE 259M、SMPTE 292M、SMPTE 296M
・対応SDIメタデータ VITCによる3:2プルダウン除去。ビデオファイルの最大3ラインを利用したVANCキャプチャー・再生。HD RP188、クローズドキャプション
・オーディオサンプリング テレビ標準サンプルレート(48kHz/24bit)
・色精度 10bit
・色空間 REC 601、REC 709
・HDMIコンフィギュレーション HDMIは、接続したディスプレイに自動コンフィギュレーション HDMIは、接続したディスプレイに自動コンフィギュレーション
・HDMI解像度 接続したデバイスにdot per dotのHD解像度入力
・HDMI色精度 10 bit
・対応マルチレート SDI、HDMIビデオインターフェースは、SD/HD間で切替可能。SDIは270Mb/s SD-SDI、1.5Gb/s HD-SDI、3Gb/s HDで切替可能
・コピー防止 法律上の理由により、著作権で保護されたHDMIソースからのキャプチャーはできません。コンテンツをキャプチャー・配信する前に、著作権の所有を確認してください

【処理】
・色空間コンバージョン ハードウェアベースのリアルタイムコンバージョン
・3D処理 未対応
・HDダウンコンバージョン ビデオ再生時にソフトウェアベースのダウンコンバージョン
・HDアップコンバージョン ビデオキャプチャー時にSDから1080HD、720HDへリアルタイムアップコンバージョン
・HDクロスコンバージョン ビデオキャプチャー時に720HDから1080HDへリアルタイムクロスコンバージョン
・リアルタイムエフェクト Apple Final Cut Pro™ 内部エフェクト。 Adobe® Premiere Pro® Mercury Playback Engineエフェクト。 Avid Media Composer 6™内部エフェクト

【その他】
・同梱ソフトウェア Media Express、Disk Speed Test、Blackmagic System Preferences、Blackmagicドライバー
・内部ソフトウェアアップグレード ソフトウェアドライバーはシステム起動時あるいはアップグレーターソフトウェアを通じてアップグレードを読み込み
・インストール Mac OS X 10.7 Lion、それ以降のOS、Mac OS X 10.8 Mountain Lion、それ以降のOS、Windows 8リリースプレビューを搭載した
・オペレーティングシステム Apple Mac OS X、Microsoft Windows 7、Windows 8リリースプレビューと互換
・製品保証 3年限定メーカー保証

メーカー公式サイト

Blackmagic Design

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。