体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Intensity Extreme/UltraStudioExpress(BlackmagicDesign)フォトレビュー

Intensity Extreme(BlackmagicDesign)

BlackmagicDesignからIntensity ExtremeとUltraStudioExpressが登場。フォトレビューさせていただきました。
(撮影:ガジェット通信撮影班 しゃむ)

※記事中コメントは使用したガジェット通信スタッフによるもの。

「Intensity Extreme」(BlackmagicDesign)

(メーカー公式リリースより)
Intensity Extremeは、超高速Thunderbolt™テクノロジーを搭載した世界初の HD/SD編集ソリューションです。Intensity Extremeを接続するだけで、Thunderbolt™ベースコンピューター用の高品質のHDMI、コンポーネント、Sビデオ、コンポジットの キャプチャー・再生が可能になります。圧縮/非圧縮ビデオでSD/HDキャプチャー・再生が可能なIntensity Extremeは、ビデオグラファーにとって最適なソリューションです。さらに、革命的なデバイスであるIntensity Extremeは、Avid Media Composer 6™、Final Cut Pro™、Adobe Premiere Pro™、Adobe After Effects™、Nuke™、DaVinci Resolveなどと互換性を持っています。

Intensity Extreme Intensity Extreme Intensity Extreme Intensity Extreme

「ゲーム実況で使用しました。HDMIでのパススルー仕様もあるので別のモニターにスルーさせながら配信することが可能です。Thunderboltでの接続なのでラグは全く無く、アクション、格闘ゲームなどのラグが命取りのゲームも問題なく配信出来ます。(30代男性)([検証環境]配信PC:MacBook Pro(Win7ブートキャンプ) ハード:Xbox360 ソフト:SUPERSTREETFIGHTER4AE」)」

スペック:Intensity Extreme

【価格】¥32,980
【接続】
・アナログビデオ入力  コンポーネント、NTSC、PAL、Sビデオ
・アナログビデオ出力     コンポーネント、NTSC、PAL、Sビデオ
・アナログオーディオ入力   2チャンネルRCA HiFiオーディオ入力(24bit)
・アナログオーディオ出力   2チャンネルRCA HiFiオーディオ入力(24bit)
・HDMIオーディオ入力    2チャンネル
・HDMIオーディオ出力    2チャンネル
・デジタルビデオ入力 HDMI入力    1系統
・デジタルビデオ出力 HDMI出力    1系統
・SPDIFオーディオ出力    2チャンネル(24bit)
・対応デュアルレート HDMIとアナログコンポーネントはHD/SD切替可能
・同期入力     未対応
・デバイスコントロール    未対応。FireWireを使用できるカメラもあります
・対応HDMIフォーマット   525 NTSC、625 PAL、720HD、1080HD(切替可能)
・コンピューターインターフェース   Thunderbolt™

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。