ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Snapdragon 800 MSM8974を搭載したスマートフォン・タブレットの最新ベンチマークスコア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

QualcommのSnapdragon 800 MSM8974プロセッサを搭載した開発者向けデバイス(MDP)の最新のベンチマークスコアが公開されました。今回はクアッドコアの「MSM8974」のリリース版でテストしたものとされています。「MSM8974」のMDPはタブレット型とスマートフォン型の2モデルが存在し、今回はその2モデルのQuadrantスコアが公開されていました。スマートフォン型MDPのテスト結果

Engadgetが公開したQuadrantのテスト結果によると、タブレット型MDPのトータルスコアは20,762点、スマートフォン型MDPのトータルスコアは22,022点でした。現在市販されているSnapdragonプロセッサの中では「APQ8064T」が最速で、Galaxy S 4の1.9GHz版だとトータルスコアは13,000点前後といったとことです。テスト結果によると、「MSM8974」のMDPはGalaxy S 4よりも69%ほど高いスコアを出しています。今年2月に公開されたTegra 4端末のトータルスコアが16,000点だったので、Tegra 4端末よりも40%ほど高いことになります。タブレット型MDPは、11.6インチ1,920×1,080ピクセルのディスプレイ、2.3GHzのMSM8974プロセッサ(Krait 400×4、Adreno 330 450Mhz)、2GB RAM(32bit LPDDR3 800MHz)、32GBのNANDフラッシュ、背面に1,200万画素カメラ、前面に200万画素カメラを搭載。スマートフォン型MDPは4.3インチ1,280×720ピクセルのディスプレイが搭載されていたそうです。Source : AnandTechEngadget



(juggly.cn)記事関連リンク
ナビゲーションシステムとボイスコントロール機能を搭載したAndroidベースのバイク用ヘルメット「LiveMap」の開発プロジェクトが進行中
LG、”G”シリーズの次期モデルでSnapdragon 800プロセッサを採用し、LTE Advancedにも対応させることを発表
Android向けブラウザ「Dolphin Browser v10」がリリース、アプリUI刷新、WEBアプリストアや独自ランチャー「Dolphin Key」などの新機能が多数追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP