728×90 ビッグバナー広告_BC / Fluct

大学を卒業して20年たつとわかる、終身雇用なんて、幻想だった。

Pocket

2013.06.23 14:00 記者 : カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :

大学を卒業して20年たつとわかる、終身雇用なんて、幻想だった。
今回は竹内 健さんのブログ『竹内研究室の日記』からご寄稿いただきました。

大学を卒業して20年たつとわかる、終身雇用なんて、幻想だった。

自分は大学院を卒業して20年たつのだけれども、同期の連中の身の振り方をみると、終身雇用で会社に勤めあげる人なんて、ほんの一部。

就職した時には、東大の工学部の同期たちは、自分も含めて、いわゆる大手企業、メーカーや金融機関、商社などに就職して行った。

その時は、特にメーカーは世界の中で競争力があったし、日本メーカーの間で転職はできないとも言われていたので、就職した会社に一生勤めるのは普通だ、という認識だったと思う。

つまり、ほとんどの人は、終身雇用のつもりで、就職をしていた。

それが、20年後の今では、最初に就職した会社に勤め続けている人は、同期の中でも1/3も居るかどうか。

就職した時と、その後の展開は、全然違ったものになりました。

まず、90年代、私たちが20代の時に、金融バブルがはじけ、盤石だと思われていた、大手の金融機関がバタバタと倒れて行った。

特に、東大生は長銀に就職した人が多かったので、長銀の倒産で、かなりの人が、会社を辞めて、外資系企業などに移って行った。

一方、90年代は、メーカーは金融機関ほどは経営が悪化しませんでした。

メーカーの技術者の友人たちで、会社の経営が悪化したというより、新しいチャンスを求めたり、自分のスキルアップのために、自ら転職していく人が増えたのが、30代。

このグループは大体、人数にすると、1/3くらいですかね。

新しいチャンスを求めて転職する人は、一度ではなく、何度か転職をしている人が多いような気がします。

自分もこのグループの一人。

もう一つ、残念ながら、30-40代で増えたのは、自分の意図とは関係なく、転職せざるを得ない人たち。

事業が不振のため、他の会社に売却されたり、別の企業になったり。

気づいたら、違う会社になっていた、というパターン。

そして、40代。

これから増えそうなのが、メーカーの事業の不振で、リストラで退職を余儀なくされるケース。

あと数年もしたら、就職した会社にずっといる人なんて、ほんのわずかになるんじゃないかと思う。

会社を変わる理由は人それぞれだけど、結局、終身雇用って、幻想だったんでしょうね。

一方、これだけ変化が激しいのに、それでも、「安定」や「終身雇用」を求め、「会社が何とかしてくれる」と思っている人もいる。

そういう学生に会うと、本当に、大丈夫なのか?と思ってします。

20年前から、すでに、終身雇用なんて幻想だったのだから、今では、もうあり得ないでしょう。

それに、早く気が付いた方がいい。

執筆: この記事は竹内 健さんのブログ『竹内研究室の日記』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年04月23日時点のものです。

寄稿

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket

getnews_Kiji_Md02_rect-Big
新着記事一覧

32年間続いたフジテレビのお昼のバラエティー番組『笑っていいとも!』の後番組としてスタートした『バイキング』。4月1日の初回放送では平均視聴率6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったが、回を追うごとに数字は下落。4月15日と16日に...続きを読む

 新潟県三条市が、学校給食で牛乳を取り扱うことを止める運用を試験的に始めた。ネットでは「牛乳中止に反対」する意見が多い。コラムニストのオバタカズユキ氏が考える。  * * *  先日、ワイドショーをぼーっと見ていたら、出演者のおじ...続きを読む

 私たちが健康のために、病気に予防のためにやっていても、実はあまり効果がなかったりするものがある。  『医者が教える、知らないと怖い50の真実』(酒匂常男/著、SBクリエイティブ/刊)では、東京近郊のクリニックと都内の大学病院を兼務...続きを読む

『カタナ・ソード・アンド・オイラン・ソーサリー』PVより 型破りな展開、斬新な言語感覚で多くの熱狂的なファンを集める“サイバーパンクニンジャ活劇小説”『ニンジャスレイヤー』。 4月12日に書籍版最新刊『ニンジャスレイヤー ピス...続きを読む

『アメイジング・スパーダーマン2』で大注目の俳優デイン・デハーンと『ハリー・ポッター』のダニエル・ラドクリフが競演。愛、友情、嫉妬うずまく、学園サスペンスドラマ『キル・ユア・ダーリン』のDVDレンタルが5月2日に決定。旬の俳優2人によ...続きを読む

getnews_Kiji_Ft01_Full