ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国でスマートデバイスブランド「GEAK」がローンチ、カメラ機能を特徴とした2機種のAndroidスマートフォン「Eye」、「Mars」が発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国国内では想像以上に多くの企業がスマートフォンを開発・販売していますが、今度は果壳電子という企業が独自のスマートデバイスブランド「GEAK」を立ち上げ、Androidスマートフォン2機種を発表しました。今回発表されたのは「Eye」と「Mars」の2機種で、どちらも、Androidシステムに独自のUIスキンを被せた「GEEK OS」を搭載しています。特にカメラスペックが高いところが特徴となっています。「Eye」は、5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶、MediaTek MT6589 1.2GHzクアッドコアプロセッサを搭載した3Gスマートフォン。リアのメインカメラにはSony製1,300万画素のExmor RS for Mobileがされており、フロントのサブカメラには800万画素の撮像素子が採用されています。「Mars」はGEAKのフラッグシップとなる機種で、5.8インチ1,920×1,080ピクセルのIPS液晶、Snapdragon 600 1.7GHzクアッドコアプロセッサを搭載しています。「Mars」にもリアのメインカメラにはSony製の1,300万画素Exmor RS for Mobileが採用されています。2機種ともまずは中国国内で6月25日に発売される予定です。価格は、Eyeが1,999元(約3万円)、Marsが2,999元(約46,000円)。Source : GEAK



(juggly.cn)記事関連リンク
電通、マラソン大会の通過タイムをSNSに自動投稿する機能を利用した広告サービス「SOCIAL_MARATHON」を開発、今後は国内主要大会に導入予定
Huawei、世界最薄を謳う厚さ6.18mmの薄型Androidスマートフォン「Ascend P6」を正式発表、6月に中国で発売し、7月には欧州でも発売
ソフトバンク、「Honey Bee 201K」にソフトウェアアップデートを提供開始、ボタン操作の機能割り当てを変更、スリープから復帰しない事象にも対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP