ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia M(C1904)がFCCの認証を取得、「BA900」バッテリーの採用が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの新型Xperiaスマートフォン「Xperia M」の北米版(C1904)が6月14日付でFCCの認証を取得しました。FCC IDは「PY7PM-0480」。Xperia Mは、4インチFWVGA解像度の液晶ディスプレイ、Snapdragon S4 Plus MSM8227 1.0GHzデュアルコアプロセッサ、500万画素のExmor RSカメラを搭載した3Gスマートフォン。Xperia2013年モデルの中では小型・ローエンドの機種になります。FCCの認証資料によると、Xperia Mのバッテリーには「BA900」が採用されています。「BA900」はXperia TX/GX/Jでも採用されているので、それらに向けて発売されたスペア・増量バッテリーはXperia Mでも流用できると思います。今回認証を取得したのは北米キャリアの周波数帯にも対応した「C1904」。認証はGSM 850/1900MHz、WCDMA 850MHz(Band 5)/1900MHz(Band 2)、Wi-Fi 2.4GHz/5GHz、Bluetooth RFIDの周波数で取得しています。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
スマートウォッチ「Pebble」に走行スピードや距離を表示するAndoridアプリ「Pebble Bike」がリリース
Galaxy S 4 mini、英Handtechには7月7日に入荷する予定
”GIGABYTE”ブランドの6,000mAhモバイルバッテリーが発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。