ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版Google+がアップデート、デスクトップ・モバイル間での通知の同期に対応、アプリ起動時にはストリームが自動的に更新される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがAndroid版「Google+」の新バージョンv4.1のリリースを発表しました。今回のアップデートでは、Google+の通知機能を改善したところが主な変更内容となっています。新バージョンでは、通知を表示するボタンアイコンがベルのマークに変更され、通知パネルも未読と既読に分かれて表示されるようになりました。また、Google+の通知がデスクトップ・モバイル間で同期されるようになり、1台の端末でGoogle+からの通知を確認すると別の端末上で既読としてマークされるほか、スワイプ操作や閲覧で既読にすると、別の端末に再度通知しないようになりました。v4.1では通知機能のほか、Google+アプリを起動するたびにストリームが自動的に更新されるようになったほか、「写真」画面で写真を一覧から直接削除することもできるようになりました。あと、バグの修正とパフォーマンスの向上をも目的とした修正も行われとされています。「Google+」(Google Playストア)Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、「HTC Butterfly S」の欧州版を開発中
HTC、「HTC One mini」の存在を同社の公式サイトで明かす
SoC/システム/バッテリー/センサーの情報を取得できる無料アプリ「CPUID CPU-Z for Android」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。