ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z(C6602とC6603)用のAndroid 4.2.2ベースの公式ファームウェアが流出、アプリ起動履歴の画面が刷新、ウィジェットのスモールアプリ化にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外版Xperia Z用に開発されているAndroid 4.2.2の公式ファームウェアがXDA Developersで流出しました。今回流出した「10.3.A.0.407」は昨夜紹介したAndroid 4.2.2ベースの公式ファームウェアをClockworkModリカバリからFlashできるようZIP化したもので、3G版のC6602とLTE版のC6603で利用可能とされています。root化も施されています。中身は内部のテスト版で、動作しない機能も若干あるとされています。昨夜紹介した際には公開されていなかったアプリ起動履歴画面のスクリーンショットがXDA Developersのスレッドに追加されていました。昨夜の記事では触れられませんでしたが、追加されたスクリーンショットによると、アプリ起動履歴の画面はスモールアプリのランチャーを備えながらも、アプリのサムネイルは標準Androidのように大きく表示されるようになっています。スモールアプリ機能についても、タブレットと同様にウィジェットのスモールアプリ化が可能なほか、スモールアプリの入れ替えパネルも追加されるなど、アップデートされています。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、「HTC Butterfly S」の欧州版を開発中
HTC、「HTC One mini」の存在を同社の公式サイトで明かす
SoC/システム/バッテリー/センサーの情報を取得できる無料アプリ「CPUID CPU-Z for Android」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP