ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰でも手軽に“脚本や映画のストーリーボード”を作成できる「Storyteller」、Amazonがリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

芝居を観劇したり、アニメーションを見たりすることは楽しいが、これを創作する側に回るとなると、一気に敷居が高くなり、尻込みしてしまう人も多いだろう。ただ、Amazon Studiosからベータ版がローンチされたばかりの「Storyteller」があれば、経験がない人でも脚本を書いたり、ちょっとした映画を制作することができるかもしれない。

映画制作は、カメラマン、音声、俳優、ミキシングなど、それぞれの役割をもったたくさんの専門家たちが集まり、初めて実現できるもの。「Storyteller」は、そういった映画制作スタッフたちを集めることなく、簡単に手軽に安く、ストーリーボードを作成できるツール。1つのパラグラフごとに構成され、それが積み重なって全体で1つの脚本を形成する。作成画面の左手側は、台詞や文字テキストを入力するエリア、右側には、背景や人物の画像(映像)が映し出され、登場人物たちが話す台詞が噴出しのように表示される。

Amazon Studiosでは、物語に出てくる登場人物のイラストや、建物、室内、山、草原など、シチュエーションを演出するさまざまな背景画像、小道具の画像を用意。運営側によると、さらに随時追加されていくという。また、自分で新たに背景や人物の画像をアップロードして使用することも可能だ。

Amazonでは現在、オリジナルの映画やテレビ番組の開拓に力を注いでおり、このAmazon Studiosも、一般人が制作した作品の中から、新しいコンテンツを発掘しようという、草の根的なアクションのひとつである。ユーザーが作成した作品は、プライベートまたはパブリックに公開することができ、一般公開の設定をした作品は、Amazon Studios内で公開され、他ユーザーが自由に閲覧することが可能。作品を公開したユーザーは、多くの人に自分の作品を見てもらい、コミュニティのメンバーからフィードバックをもらうことで、作品をさらにブラッシュアップしたり、さまざまな人と共有して楽しむことができる。脚本や映像制作に興味がある人は、ぜひ1度トライしてみては。

Storyteller

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP