ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウェブページを閲覧したり、アプリを利用しながらもYouTube動画を視聴できる『Popup Player for YouTube』がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『YouTube』動画をどの画面を表示していても再生することができる動画プレーヤーアプリ『Popup Player for YouTube』が『Google Playストア』でリリースされました。アプリの価格は無料。対応機種はAndroid 2.2以上を搭載した端末。

このアプリは、『YouTube』動画をディスプレーの最前面に小窓で表示するアプリ。『YouTube』動画はGoogle提供の公式アプリで視聴する方が多いかと思いますが、このアプリを利用することで、ウェブページを閲覧しながらでも、『Twitter』をしながらでも同時に動画を視聴することができます。『YouTube』動画の新しい視聴スタイルを提供してくれるアプリです。

動画は公式『YouTube』アプリの共有オプションから本アプリを指定することで小窓再生できますが、アプリには『YouTube』動画の検索機能が内蔵されており、検索結果の動画サムネールをタップするだけで、小窓のプレーヤーを表示して再生することもできます。動画の小窓プレイヤーは画面上を自由に動かせるほか、ピンチズーム操作で拡大・縮小したり、メニューからフルスクリーン表示したり、さらに、Windowsでいうところのウィンドウの最小化のようにバックグラウンドで再生でき、『YouTube』動画の音声をBGM代りにして聴くこともできます。

このアプリの特徴としては、動画を小窓で再生できる点と、アプリ内蔵の検索画面から再生を始めた場合に、動画の再生終了後に検索結果の継の動画が再生され、動画を流しっぱなしにすることで、BGM的に視聴できる点。
Popup Player for YouTube』(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Adobe、Flash Playerの新バージョン「11.1.115.63(ICS用)」と「11.1.111.59(GB/HC用)」をリリース
Google、スマートフォン向けナビアプリ「Waze」開発元の買収を発表
2013年4月の国内スマートフォン出荷台数は約33万台と大幅減(JEITA調査)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。