ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone以降に最高の変化を遂げたiOS7発表! 一新されたインターフェイスに様々な新機能

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


本日発表されると予想されていたiOS7。予想通り発表会後半で発表された。フェイクだとされていたアイコンもほぼそのままで、フラットなアイコンに変更されたようだ。

ホーム画面の壁紙はアイコンで隠れないようにジャイロの傾きにより動く仕組みとなっている。ロックスクリーンのままで通知センターをプルダウンすることが可能。またコントロールセンターという新機能が搭載。いつでも切り替えたい物が集約されており、機内モード、Wi-Fiなどがワンタッチでオンオフ可能。全てのアプリをマルチタスクで対応し、現在動作中のアプリに瞬時に切り替えることが可能となっている。またSafariもブックマークへのアクセスが容易になっており、タブの制限も8個まででは無くなった。タブは横並びではなく、縦に並べられ一覧性が向上している。

OSXに既に搭載されている『AirDrop』機能がiOS7にも搭載された。これによりファイルを容易に共有することが可能となる。カメラロールは今までは数百枚、数千枚という数の画像をスクロールして探していたが、新たなカメラロールは場所や撮影日時で振り分けられる。年間分の写真を纏めてみることも可能。

『Siri』は新たなインターフェイスとなっただけでなく、男性の声も用意された。更なるコントロールが出来るようになりBluetoothやTwitter、Wikipediaとも連動。iOSの車対応で『Siri』の力が発揮され、その恩恵は地図機能からiMessageまで車中で体感出来るとしている。

他にもまだある。AppStoreではアプリの更新をバッヂで知らせていたが、自動アップデート機能が搭載されたためわざわざアップデートする必要がなくなった。『iTunes Radio』は音楽アプリに内蔵され、気に入った曲は友だちに教える事も出来、更に気に入ればその場で買うことも可能。再生したリストはiCloudに記録される。これは無料で使うことが可能(日本でのサービスは未定)。

その他デバイスを無くした際に発揮するアクティベーションロックという機能も発表された。
iOS7はiPhone、iPad、iPod Touchで使うことが可能。一般リリースは秋となっている。


元の記事:http://getnews.jp/archives/357768

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP