ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2560×1600ピクセルのIGZOパネルとTegra 4プロセッサを搭載した10.1インチAndroidrタブレット『BungBungame KALOS』が発表、日本でも発売予定らしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


6月4~8日に台湾で開催された『Computex Taipet 2013』で、『Tegra 4』と『IGOZO』パネルを搭載した10.1インチAndroidタブレット『BungBungame KALOS』が発表されました。

『BungBungame KALOS』は、台湾企業の戲智科技が開発した製品で、NVIDIAの新SoC『Tegra 4』、シャープの省電力液晶『IGZO』、Sonyの1300万画素カメラセンサーを搭載するなど、スペックを見ると非常に魅力的なものとなっています。

同社の発表によると、このKALOSは台湾に加えて、日本でも発売される予定とのことです。発売時期は2013年8月とされています。

ディスプレイは2560×1600ピクセル(WQXGA)で、プロセッサは1.8GHz駆動の『Tegra 4』で、HDMIによる3D動画の出力や4K動画の出力も可能。外部端子にはUSB 3.0/2.0も含まれています。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB、microSDカード(最大64GB)も利用可能です。カメラは背面に1300万画素と前面に120万画素を搭載。通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、DLNA、ワイヤレスディスプレー(Miracast)に対応。LTE対応版も開発されているそうです。バッテリー容量は9320mAhとされています。

発表時のOSはAndroid 4.2ですが、同社は将来リリースされる“Key Lime Pie”にもアップグレード予定と述べています。
Source : BungBungame



(juggly.cn)記事関連リンク
マイアプリマネージャー : アンインストールの履歴保存やPlayリンクのブックマーク保存も可能なAndroidアプリ管理ツール
「Galaxy Ace 3」の公式画像が流出?
Xperia ZのPTCRB認証に新ビルドのファームウェア「10.1.1.A.1.319」と「10.3.A.0.407」が追加、後者はAndroid 4.2.xへのアップデート版?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP