ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モテる女性の顔には3つのパターンがあった!比較文化研究からみるモテ顔

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

モテる女性の顔には3つのパターンがあった!比較文化研究からみるモテ顔皆さんは異性の魅力を判断する時にどのような「モノサシ」をもっているだろうか? 人によってモノサシの種類は違うが、自分の好みに合うルックスとパーソナリティを持っている事をモノサシにする人は多い気がする。ここでは、「男性の好むルックスに世界共通のパターンはあるのか?」という点に絞って、カニンガムという学者が比較文化研究の手法をベースに様々な文化の人から調査をして完成させた、男性を惹きつけるモテ顔のパターンを紹介していきたい。

 

カニンガムが発表したモテ顔は以下の3パターンである

幼児性の残る顔:大きな目に小さな鼻、さらに小さな下あごといった幼児のもつ外見的特徴を備える女性は、どの文化でも魅力的な外見をもつ女性として評価されていた。日本でいうならば「ロリ顔」ともいえるだろう。このような外見は、相手の保護本能を無意識のうちに刺激するために男性にとっては魅力的に映ると考えられている。

成熟した顔:突起したほお骨に、シャープな下あご。「キレイ系な大人の女性」にジャンル分けされる顔立ち。

表現の豊かな顔:幼児性の残る顔や、成熟した顔といったような外見的特徴はもたないが、大きく見開いた瞳孔、満面の笑みといった「くるくる変わる豊かな表情」「愛想の良い顔」といった外見的特徴も、文化を超えた魅力的な外見の1つと考えられている。

 

上記のモテ顔はあくまでもカニンガムが発表した仮説の1つでしかない。しかしながら多くの男性は3パターンのどれかに該当する女性に一度は惹かれたことがあるのではないだろうか?

 

Photo by BlackStones707

http://free-images.gatag.net/?s=%E5%A5%B3%E6%80%A7

 

※この記事はガジェ通ウェブライターの「浅川 クラゲ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。