ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

行定勲監督×アンダーグラフ“素敵な未来”MV公開! タワーUST番組最終回の生配信も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

本日6月5日にタワーレコード限定シングル『素敵な未来/君が君らしくいられるように』をリリースしたアンダーグラフが、その表題曲のひとつ“素敵な未来”のMVをYouTubeで公開した。

“素敵な未来”は、バンドとはデビュー前にイヴェントで知り合って以来、10年来の仲であるスキマスイッチの常田真太郎がプロデュースを担当したナンバー。なかでも、楽曲を手掛けた真戸原直人(ヴォーカル/ギター)と常田は同じ歳ということもあり、音楽のことはもちろんプライヴェートのことも度々、相談し合ってきたという。今回はそんな2人が共同で作詞を行っており、昨年にギターの阿佐亮介が脱退するという危機を迎えながらも、それを乗り越えた彼らに、常田はいまだからこそ「〈仲間と別れても前に進んで行くこと〉を歌って欲しい」と提案。そうして生まれた“素敵な未来”は、大切な人との別れとその哀しみを描きながらも、しっかりと未来を見据える力強くもエモーショナルな楽曲に仕上がっている。

そしてこの楽曲のMVを手掛けたのは、映画「GO」「世界の中心で、愛をさけぶ」などで知られる行定勲監督。2006年にアンダーグラフの“ユビサキから世界を”にインスパイアを受け、MVのみならずオリジナル脚本で同タイトルの映画を制作して以来、バンドとの親交が続いている彼は、“素敵な未来”のベースにあるテーマ〈仲間との別れ〉にフォーカスを絞り、ワンカメ、長回しによる撮影を敢行。幼なじみでもあるギタリストと真戸原が肩を並べて歩き、そこに谷口直子(ドラム)が加わり、中原一真(ベース)が加わり、やがて一人だけが立ち止まり、三人は新たな道を歩き始める――そんなドキュメント・タッチな内容の映像となっている。なお、MVのなかでギタリスト役を演じているのは、「仮面ライダー龍騎」の主演やNHKの大河ドラマ「八重の桜」、行定監督の映画「つやのよるある愛に関わった、女たちの物語」への出演で知られる須賀貴匡。気になる人はいますぐチェックしよう!

 

 

また、タワーレコードのUSTREAMチャンネルでは本日6月5日21:00より、アンダーグラフのスペシャル・プログラム〈ロックは無理ですが、水割りなら〉を生配信。最終回となる今回は7月3日発売のニュー・アルバム『7 + one ~音の彩り~』とタワー限定シングルのリリースを記念して、これまでの制作秘話や楽曲への思いなど、メンバーだけのゆるくも熱いスペシャル・トークを繰り広げる予定です。番組中にはアンダーグラフによる演奏もあるのでお観逃しなく!

★アンダーグラフのタワーレコード限定シングル『素敵な未来/君が君らしくいられるように』についてのニュースはこちらから
★アンダーグラフのニュー・アルバム『7 + one ~音の彩り~』についてのニュースはこちらから

 

 

〈インストア・ライヴ情報〉
【『素敵な未来/君が君らしくいられるように』(TRJC-1018)購入者対象特別ライヴ】
日時/会場:
6月30日(水) タワーレコード渋谷店B1F〈CUTUP STUDIO〉
http://tower.jp/store/event/2013/06/003054

【『7 + one ~音の彩り~』(TRJC-1019/20)購入者対象特別ライヴ】
日時/会場:
7月6日(土) タワーレコード新宿店
http://tower.jp/store/event/2013/07/055070615
7月13日(土) タワーレコードNU茶屋町店
http://tower.jp/store/event/2013/07/096002

 

〈live tour 2013 summer~音の彩り~〉
日時/会場:
7月14日(日) 大阪・心斎橋JANUS
7月15日(月・祝) 愛知・名古屋 ell. FITS ALL
7月25日(木) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

 

〈イヴェント出演情報〉
7月28日(日) 〈第23回めいほう高原音楽祭 SUMMER FES in MEIHO2013〉
@めいほう高原野外音楽堂ソノラシアター

 

〈ロックは無理ですが、水割りなら -アンダーグラフ-〉
配信日時:6月5日(水)21:00~(予定)
URL:http://www.ustream.tv/channel/towerrecordsjapan

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP