ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

同人・インディーズゲームを触って遊ぶ展示会『秋葉原ロケテゲームショウ1』が開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

10月24日(土)に東京・秋葉原UDXで、同人ゲーム・インディーズゲームの展示会『秋葉原ロケテゲームショウ1』が開催されました。「ロケテ=ロケーションテスト」は、開発中のアーケードゲームをゲームセンター店舗に設置して、ユーザーの意見を取り入れたりバランス調整をするベータテストのこと。主催者の国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)は、同人・インディーズゲームの制作者に、来場者から直接フィードバックを受ける場としてこのイベントを企画。全28組のサークル・個人・法人がブースを構えました。

『コミックマーケット(コミケ)』など販売を目的としたイベントとは異なり、『ロケテゲームショウ』は出展者のゲームを遊び、直接制作者と話ができる点がユニークな試み。13時から17時の開場時間に合計885名の来場者を集め、会場は制作者とユーザーが触れ合う活気ある場となっていました。

小松菜屋は、開催時間の間に来場者と一緒にネタを決定し、その場でゲームを組み上げるという離れ業を披露。無事、終了前にゲームを完成させ、来場者から拍手を送られていました。

スクリプト言語であるHSPを使った『HSPプログラムコンテスト2009』、Flashゲームなどウェブ上で遊べるゲームを紹介するゼロステージ、Flashのノベルゲームを出展するまぜぐみなど、通常のPCゲームとは異なるジャンルからも作品が集まり、同人・インディーズゲーム制作者が活動するフィールドの広さを感じさせます。

一方で、『プレイステーション3』向けダウンロードゲーム『PixelJunk』シリーズを開発するキュー・ゲームスや、『Xbox LIVE マーケットプレース』向け『ダウンタウン激凸ドッジボール!』開発元のMiracle Kidzなど、本格的な“ロケテ”になっていそうな出展者も。家庭用ゲーム機を含む幅広いプラットフォームに展開が始まり、作り手と遊び手の距離が近い同人・インディーズゲームシーンの“熱”を感じるイベントとなりました。次回の開催は未定とのことですが、今後も同様なイベント開催が期待されるところです。

・参加サークル(アイウエオ順)
AAH!! スペース電通GOD
いろいろまなぼ
INSERT COIN(S)
HSPプログラムコンテスト2009
ACTravel
OMNI FACTORY
神奈川電子技術研究所
CANADA SOFT
GEAR FACTORY
Q-Games
小松菜屋
ぜろじげん
ゼロステージ
全日本学生ゲーム開発者連合
Team Eye Mask
チームLMF
チームグリグリ
2CCP
NewfrontiaSoftware
NEXT-SOFT+
Baiyon
はちみつくまさん
ハッピーラディカル
ほげぴよからくりばこ
まぜぐみ
Miracle Kidz
Rectangle
RebRank

■関連記事
【東京ゲームショウ】インディーズゲームが集結した『センス・オブ・ワンダー ナイト』第2回が開催
『Xbox LIVE』でインディーズゲームの販売開始へ
【モゲラプロジェクト】本日リリース!ゲームクリエーターを支援する新サービス

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP